面接での自己prで責任感をアピールする時の注意点 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

面接での自己prで責任感をアピールする時の注意点

自己prで責任感を話す人が増えてきていますが、他の人と被らないように差別化はできていますか。どのような質問であれ、面接官の記憶に残るようにする必要があります。
ここでは、自己prで「責任感がある」とする時の注意点を紹介します。

musaisyoku

面接中に責任感を自己prする時は仕事に直結するものを

あくまでも仕事の面接で聞かれている自己prなのですから、ここで答えるべき長所も仕事に関するものである必要があります。
ゆえにここで言う責任感とは、仕事に対しての責任感でないとならないのです。

面接で自己prを聞かれた際に、責任感があるところと答えるのであれば、仕事に関する責任感を証明できるような、アルバイトなどのエピソードを語るようにしましょう。

アルバイトなどのエピソードで再現率を高くし責任感をアピール

アルバイトなどのエピソードを通せば、きちんと自分が仕事に対する責任感があることを自己prとして利用でき、尚且つ証明もできます。そのため、再現性を感じてもらえます。

この再現性というのが非常に大切なのです。たとえば親との約束を必ず守るなどの形のエピソードで責任感を証明しても、その人との人間的な関係性ありきのことなので、再現性が高く感じないものになってしまいます。
それではこの仕事で活かせるかわからないので魅力的にはうつらないのです。

面接で聞かれてもいいように責任感の定義を説明できるようにしておく

面接の自己prで責任感があるところと答えると、多くの場合で、責任感の定義について尋ねられます。
何をもって責任感があるのかということは人によって考え方が違うものです。ですから、そうして定義を訪ねてくることが多いのです。
そこでうまく答えられないでいると、責任感があるという自己prとして良いアピールにはならないでしょう。

責任感を証明するエピーソードと定義を合致させておこう

自己prのために自分が用意してきた責任感を証明するエピソードと、あわせたような責任感の定義を考えておきましょう。
たとえば、「どんな困難な状況においても与えられた仕事を最後までやり抜くのが責任感だと思う」と定義し、困難な状況においてもそれを最後までやり遂げたというエピソードを面接で話すのです。するとより強く効果的な責任感のアピールとなるでしょう。

インパクトがある自己prを心がけよう

lgf01a201501221000

責任感があるという長所は、自己prでとにかく人とかぶりやすいという傾向があります。ですから、ありきたりなエピソードでは、他の人とかぶってしまい、まるでインパクトを残すことができません。貴重な面接での長所のアピールの機会を無駄にしてしまうこととなるでしょう。
そのため、なるべく人とかぶらないエピソードを用意して、責任感があるという内容以外のところでも自己prできるようにしておく必要があるのです。

あなたにしか話せない具体的なエピソードを話す

アルバイトでのエピソードを話すにしても、誰かのミスをフォローしようと朝4時まで努力し続けたというエピソードや、アルバイトをさぼりがちな方を家まで何度も迎えに行き、きちんと出勤させるようにしたなど、なるべく人とかぶらないものを用意しましょう。
すると人を引き付けるようなエピソードとなり、面接での自己prで責任感を適切にアピールできるでしょう。

自己prで責任感を話す時は具体的で他の人とはかぶらないエピソードを話そう

以上、面接での自己prで「責任感がある」とアピールする時の注意点のご紹介でした。
責任感というのは、仕事をする上ですごく大切なものでもあります。しかし、それに比例して責任感を自己prで話す人も多いのが現状です。
そのため、具体的なエピソードを話す必要があります。また、他の誰も語れない、あなたしか持っていないエピソードを話せると、他の人と差を付けることができるでしょう。
これらの点に注意して的確に自己prできればきっと良い効果を生みます。ぜひ、これらの事に注意して、良い自己prをしていってください。