面接で聞かれる長所を真面目でアピールする際のポイント | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接で聞かれる長所を真面目でアピールする際のポイント

面接で長所を聞かれた時に真面目さをアピールする際のポイントについてご紹介します。
面接でよく聞かれる質問にあなたの長所について問われることが多々あります。
自分の長所が「真面目」である人には必見のページです。
真面目さを効果的にアピールする方法と注意点をみていきましょう。

面接で聞かれる長所の答え方について

girls-739071_640
就職活動を開始すると、企業で面接を受ける機会も増えてきます。
通常は面接時に聞かれる質問をある程度予測して準備していくのがほとんどです。
志望の動機や学生時代に打ち込んでいたものや、自分自身の人となりとして長所と短所を聞いてくる事などがあります。

~真面目にはプラスだけではなくマイナスの側面もある~

大体の就職活動生がある程度の質疑応答に準備していきますが、どういったものがプラスの評価になるのかは、その企業によっても異なってきます。
例えば長所として「真面目」と言っても、真面目に仕事をこなすとストレートな解釈をしてくれる企業もあれば、行動力がなく消極的に取られてしまう場合もあります。

真面目をプラスにする為のポイントとは?

真面目という事を自分の長所として相手に伝える際に、ストレートな受け取り方をしてくれる企業であれば良いのですが、面接官によっては深読みする方もいます。
なので、面接時に長所を伝える時にもその長所の裏面まで考える事できちんと伝える事ができます。

~真面目のマイナスな部分をプラスに変えて話すこと!~

真面目という事をアピールした際には、その受け取り方の裏面を考えます。
そして、その部分を修正するために補足情報をつけ加えます。
「真面目な性格で、何事も確実にこなす姿勢については周りから評価を得ていました。それと同時に、メリハリをつけないと気がすまない性格なので、仲間と楽しむ時にはそれに全力でした。」などです。

長所を効果的にアピールする方法とは?

面接というのは、原則的には自分の長所も含め、自分を面接という限らた時間の中で相手にありのまま伝える作業です。
無理に自分を過剰に良く見せても相手の面接官はプロなのですぐに見抜いてしまいます。

~長所だと思う根拠をあげると信憑性が増す!~

長所はシンプルに真面目でも、素晴らしいです。
しかし真面目と単純に言っただけよりは、多少の補足をつけ加えた方が自分自身をより相手に知ってもらうキッカケにも繋がります。
補足の情報をつけ加えることで、短い時間の限られた質問の中でより相手に情報を伝えることができます。

面接で長所を聞かれた時に真面目をアピールする際は裏面の意味を考えること

面接を受けて自分の長所を聞かれた時に、真面目だと答える事はその裏面の意味を同時に考える事が必要です。
面接時の長所の伝え方だけで考えても、ちょっとした意識でその印象や情報量を変える事ができます。
真面目という一面だけに囚われずにそれに繋がる意味まで、あわせて伝える事で自分らしさのある、オリジナリティーのある受け答えができる様になります。

面接は自分の事を相手に伝える為のものです。
なのでその準備として自分自身を深く知る必要があります。
その時にも一つの事だけでなく付随した情報まで整理しておくことが大切です。