面接において短所を頑固と答える際のポイント | 新卒就活.com

2015/11/05更新

面接において短所を頑固と答える際のポイント

面接において短所を頑固と答える際のポイントをご紹介します。
面接で短所を聞かれた時、あなたはどのように答えますか?
正直に短所のみを伝えるのではなく、プラスの印象を与えるような説明をすることが重要です。
この記事では、「頑固」であることを伝える際のポイントをご紹介します。

面接で短所を聞かれた際の伝え方とは??

work-993331_640

面接で短所を聞かれた際に注意したいのが、実際に自分の一番悪い部分を答える必要はないということです。
人には多かれ少なかれ欠点があるもの。
事前に自分の短所を書き出してみて、最も答えやすいものを回答するようにしておきましょう。

~対策方法がある短所を答えることが重要~

短所を答える際、「頑固」と回答する就職活動生は意外と多いものです。
面接の対策本などに載っている短所の解答方法にも、事例として「頑固」が挙がっているものがよく見られます。
程度の差はありますが、多くの人が「頑固」の要素を持っているといえるのではないでしょうか。
自分にその要素があると感じた人は、対策方法がわかっている「頑固」を短所として伝えるようにすると良いでしょう。

面接で頑固を短所として答える際のポイント

それでは、実際に面接で短所を伝える時の注意事項を説明していきます。
短所を伝える際には、できるだけその短所が持つプラスポイントも説明するようにして、自己アピールへとつなげるよう工夫します。

~「頑固」がもつマイナスとプラスの両側面を答えること~

短所にはマイナスの部分とプラスの部分を兼ね備えています。
今回のテーマである「頑固」という言葉からは、「人の話を聞かない、自分のこだわりが強い、融通がきかない」といったマイナスイメージが挙げられます。
しかしこれらを言い換えると、「自分の信念を持っている、意思が強い」といったプラスのイメージも見えてきます。
面接で短所を伝える際には、マイナスの部分だけでなくプラスの部分も伝え、良い印象を与えるようにしましょう。

面接における短所である「頑固」のアピール方法

それでは、実際の面接での答え方をご紹介していきます。
まず短所について問われたら、自分の短所は「頑固」であることを伝え、具体的なエピソードを挙げましょう。
ここで注意したいのが、短所のせいで失敗した結果のみを説明するのではなく、「頑固」のプラスポイントである「信念を持っている、意思が強い」ことを活かした結末になるようなエピソードを話し、面接で良い印象を与えるようにしましょう。

~失敗談で終わらせない!短所の改善策を説明すること~

短所を答える際には、それに対する改善策もあわせて説明します。
「頑固」な人であれば、「人の話に耳を傾けるようにする、柔軟に行動するよう心がける」などが挙げられます。
短所を克服するための対策についても答えられるよう準備をしておきましょう。

面接において短所を頑固と答える際にはマイナスとプラスの両側面を説明しよう

面接で短所を伝える場合、答え方によって面接官に与える印象は大きく変わってきます。
短所を伝えながらもプラスの部分を上手に伝えられるよう、内容には工夫をしておきましょう。
自分でマイナスとプラスを考える事は必須ですが、「頑固」は多くの人が持っている要素であり、書籍やインターネットで先人の対策方法に関する情報がたくさん入手できるので活用していきましょう。