面接におけるスーツは黒以外もOK?その実態について | 新卒就活.com

2015/11/04更新

面接におけるスーツは黒以外もOK?その実態について

面接におけるスーツは黒以外もOK?その実態についてご紹介します。
面接での印象は面接の結果を左右しかねないもの。
そのため出来るだけ無難なスーツの色ということで黒を選択する人が半数を超えていると言われていますが、果たして面接でのスーツの色は黒でないといけないものなのでしょうか?

面接におけるスーツの実情について

suit-714357_640

面接に着ていくスーツの色で悩んでいる場合、どうしても無難な黒い色を選択してしまうと言えます。
しかし実際に社会に出てみると、ビジネスシーンで黒いスーツを着用している人は非常に少ないことに気付くのではないでしょうか。
これはビジネスシーンにおいて黒いスーツはNGだと言われており、基本的には黒いスーツ=冠婚葬祭用という認識のためです。

~黒いスーツでビジネスシーンに臨むのはマナー違反~

近年では黒いスーツを着用する人が増えてきてはいますが、やはり黒いスーツでビジネスシーンに臨むのはマナー違反というイメージが強いと言えます。
しかし面接に関しては就活用のリクルートスーツが黒が多いため、必然的に黒いスーツで臨む人が増えていると言えます。そのため就活での面接に関しては黒いスーツでも特に問題ないと言えます。

面接官が見ているのは色ではなくバランス!

面接に臨む際にスーツの色で悩むよりも、まずはそのスーツが自分自身に似合っているかどうかを確認する必要があります。
面接官は実際の所着てきているスーツが白や赤といった場違いなものでない限り、色に関してはどれほど重視していないと言えます。
そのため濃紺でも黒でもグレーでも、その人に似合っているのであれば特に問題がないともいえるわけです。

~色ではなく着こなし方やバランスの方が重要!~

問題となるのは色ではなくその着こなしとバランスだと言えます。
大きさが合っていない、スーツのボタンが止まっていない、中に着ているシャツが乱れているなどのほうが面接でマイナス要素になる可能性が高いと言えます。ですから面接のスーツの色を黒に決めたのであれば、そのスーツが似合っているかどうか、乱れなどは無いかどうかをしっかり確認するほうが面接で好印象を与えるために必要なポイントだと言えます。

面接で大事なのはスーツの色ではない

面接で着るスーツは見た目の印象を決めるため重要だと言われてはいますが、最終的に重要となるのはスーツの色ではなく面接に臨む姿勢だと言えます。
面接官うけが良いとされている黒いスーツを着て見た目をきちんと整えていたとしても、それに見合うだけの中身が伴っていなければ面接はまず成功しないと言えます。

~面接で重要なのは外見に見合うだけの中身!~

そのためスーツの色を黒が良いか濃紺がよいかと迷うことも大事だとは思いますが、まずは自分自身の内面がどうなのかをきちんと把握しておくことも必要だと言えます。
それが出来ているのであればその時点でスーツの色選びに着手すると良いでしょう。見た目がキツイ印象の人はあえて黒ではなく濃紺のスーツを選択すると柔和な印象になりますし、幼い感じであれば黒を選択すればきりっと締まった印象になるといえます。

面接におけるスーツの色は黒以外でも問題ない!外見より内面が重要

面接には欠かせないスーツではありますが、黒でも濃紺でもグレーでも、最終的に色で面接が決まるということはほとんどないと言えます。
その為リクルートスーツと呼ばれるものであれば何を着ていっても大差がありませんし、他の就活生も同じようなスーツで面接に臨みますので、スーツの色以外で差を付けられるようにしておくことが必要だと言えます。