面接におけるチェックリストの活用方法とは | 新卒就活.com

2016/09/12更新

面接におけるチェックリストの活用方法とは

面接におけるチェックリストの活用方法についてご紹介します。
面接では、採用担当者によっていくつかのチェックリスト項目があらかじめ用意されている可能性があります。
チェックリストは減点するためにつけられるケースが多々あります。
減点されないためにも、ここで対策法を押せえておきましょう。

面接におけるチェックリストの役割とは?

magnifying-glass-633057_640
企業の採用試験で面接はとても大きな意味合いがあるものだと言えます。
基本的に筆記試験などを通過して最後に残っているのが面接のため、応募者がどのような人材かを最終的に判断する意味合いが非常に強いと言えます。
そのため面接に臨むにあたり、注意しすべき事柄をチェックリストを作って確実にチェックしておく必要があると言えます。

●企業のチェックでマイナス判定にならないためにも自分のチェックリストは必要なもの!

チェックリストを準備しているかいないかで、面接での合格率も大きく変化してきます。
さらに自分がチェックすべきと思ったことは企業側もチェックリストを用意してチェックしている可能性が高いため、企業のチェックリストでマイナス判定にならないためにもチェックリストの作成は必要不可欠だと言えます。

面接でのチェックリスト対策法1,身だしなみ・マナー・言葉遣いには注意

企業の採用面接に関しては、通常の面接以外に減点方式と呼ばれる面接も行われる場合があります。
この減点方式の面接の場合、企業側のチェックリストに沿わない場合有無を言わさず減点対象となるため、どれだけ企業のチェックリストから外れない行動や言動を取れるかが重要となります。

●最低限のマナーに関しては予めチェックしておくこと!

基本的にチェックされるリストとしては、身だしなみや言動、マナーに関しての事柄、受け答えなどは適切で矛盾が無いか、一貫性があるか、挙動が落ち着いていてきちんと面接官と対峙で来ているかといったことが最低限チェックリストでチェックされる事柄となります。
特に身だしなみは面接の部屋に入った時点でマイナスになるかどうかが決まる場合もありますので、身だしなみには特に注意が必要でしょう。

面接でのチェックリスト対策法2,志望先のリサーチを欠かさない

面接で企業が用意しているチェックリストは、正直な話どのような項目があるかは分からないと言えます。
基本的には身だしなみ、言葉遣い、マナーの3要素は含まれているでしょうが、その他に関しては企業ごとに面接でのチェックポイントも異なるためチェックリストも無数に存在していると考えたほうが良いかもしれません。

●業界や職種に沿ったポイントををチェックリストの中に組み込んでおくとOK!

そのため企業の業務や試験の傾向などから面接でのチェックポイントを検証して、ここだけは外せないというチェックポイントを自分でチェックリストを作り事前に確認しておく必要があると言えます。
営業系の仕事であれば身だしなみや言葉遣いなどは確実にチェックされますし、商社などであれば目上の人に対する態度、マナーに関しては非常に厳しくチェックする場合もあるわけです。そのため自分の就職する企業のことをきちんとリサーチして対策を根う必要もあると言えます。

面接でのチェックリストを気にせずに堂々とアピールすることが重要!

面接が減点方式の場合、チェックリストによって減点されてマイナスになっていくことばかりを気にしてしまい、自分自身をアピールできないという状態に陥ってしまうことがあります。
そうすると面接がこじんまりとした内容となり、特に問題も無かったけれどアピールも出来なかったと言う不完全燃焼で面接を終えてしまうことになります。
そのためチェックリストでチェックされていることも重要ですが、マイナスを恐れず自分をアピールしてプラスにできる部分をきちんと面接官に見せる必要があります。
チェックリストに関してはよほどひどい状態でなければ大幅なマイナスになることは有りせんので、むしろ自分を企業にアピールしてどれだけプラスを伸ばせるかが面接を勝ち残るために必要な要素だと言えるでしょう。