面接における志望動機の重要性と書き方について | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接における志望動機の重要性と書き方について

面接における志望動機の重要性をお教えします。
「えっ、志望動機って重要なの」と驚く方も多いかもしれません。
今回は面接における志望動機の重要性について、皆さまに分かっていただくために書きます。
是非、理解を深めておきましょうね。

面接で聞かれることの代表が志望動機

就職の面談で間違いなく聞かれることがあります。自分の長所短所、学生時代にやってきたこと、そしてなんといっても志望動機です。

採用担当者の立場から考えたときに学生の採用についてはなんといっても企業として貢献してくれるかどうかにつきます。それゆえに重要性が高いのです。

◆思いつきで考えた志望動機は採用担当者に見透かされる!!◆

思い付きや練習で面接を受けているような場合は企業研究、業界研究もしっかりできていないので志望動機もあいまいになることがありがちです。

そして面接でこうした志望動機もしっかりこたえられないような学生は、ほかの企業でも同じようにきちんと対応できないことはわかりきっています。

ですからどんな企業を面談する時でもしっかり志望動機や企業研究は行ったうえでのぞむようにしましょう。

自己分析をもとにした志望動機

75
志望動機を検討するにあたってはいろいろな要素があります。まずは何といってもその企業について学ぶことです。
さらにその前に重要なのがなんといっても自己分析です。


◆自己分析の活用がしっかりした志望動機に繋がる◆

自分の人生を振り返って自分の長所や短所、自分がやりたいことをしっかり考えることがポイントになるわけです。
この自己分析の結果、自分が働きたい企業や業界が絞られてくるわけです。
ここまでくれば、自分の言葉でしっかり志望動機を語ることができるようになるでしょう。
面接の場で面接官に対して自信を持って語ることが何よりも自己PRになることは明白です。

業界に応じた矛盾しない志望動機

manager-462553_640
自己分析により、志望業界や志望企業を絞り、志望動機を自分自身の言葉で語ることができる。これが正しいストーリーであります。
しかしながらこの過程で自己分析と自分の長所、またはやりたいことを総合的にとらえたときに志望業界や企業に矛盾を感じることも発生してきます。

実際にこうした矛盾を感じたときは面接に臨んでも、少しつっこんだ質問をされたときにプロの面接官には見透かされてしまうことでしょう。

◆志望動機が本当に思いつかない場合は適切な業界・企業ではない可能性も◆

ですから志望動機がしっかりできていないと思ったら実際に自分が活躍したい業界や企業ではないのかもしれません。いや、むしろその可能性が高いと考えたほうが重要性があるでしょう。
しっかり、この自分の直感を大事にして検討を進めるべきです。

面接における志望動機の重要性は高い!!積極的に熱意をアピールして行こう

採用担当者にとって自分の会社で一緒に働きたいという人材こそが面接で好印象になり重要性が高いです。
ですから学生からすると志望動機をしっかり自分自身の言葉で面接の場で述べていくことこそが重要性が高いのです。
そして、採用担当者に自分と一緒に働きたいと思わせることができれば、かなりのプラスポイントです。
志望動機をしっかり持っておくことがその企業への熱意ともとってもらえるので採用につながると考えましょう。
大きな面接のポイントとしてとらえておくことが重要なのです。