面接に何度も落ちる人に見られる共通点と3つの対策 | 新卒就活.com

2016/09/28更新

面接に何度も落ちる人に見られる共通点と3つの対策

書類選考を勝ち進んだら、次は面接が行われます。面接は、場数が重要になってきますが、何度面接を受けても落ちてしまう人がいます。なぜ、場数を踏んでいるのに落ちてしまうのでしょうか。実は、何度も落ちてしまう人には、いくつかの共通点が見られます。
今回は、落ちてしまう人の共通点から導き出される、面接前に対策しておくべきことをご紹介します。

落ちる人には共通することとは?

orange-165040_960_720

面接に落ちる人は、落ち続け、受かる人は受かり続けます。両者には、どんな違いがあるのでしょうか。調べてみると、面接に落ちる人にはいくつかの共通点が見つかりました。この共通点から脱しない限り、面接で合格をもらうことはできないでしょう。

第一印象が悪い

初めての人に会う時には、第一印象が非常に重要になってきます。これは面接も該当し、第一印象が良くないと、その後に印象を覆すことはほぼ難しいと言われています。つまり、面接が開始されてからの数秒の間に合否が決まってしまうのです。

第一印象が悪い人は下記のような人が該当します。

姿勢が悪い
身なりが乱れている
表情が暗い
無表情
視線が下を向いている

これらの文字の羅列だけでも、いい印象は抱きませんよね。この光景を実際に目で見る面接官は、今以上に良く思いません。

熱意が感じられないため志望度が低いと見られてしまう

新卒の面接では、スキルよりも熱意や思いといったところが重視されて選考が行われている現状があります。そのため、熱意を一生懸命伝えようとする姿勢や態度は非常に有効なのです。しかし、自分に自信がない人、気持ちを表現するのが手な人は、どうしても熱意表現する力に欠けます。

下記のような学生には、面接官は熱意を感じないと言われています。

作ってきた回答文を丸暗記している
棒読みで答える
声に緩急がない
声が小さい

熱意というものは、志望度が高ければ高いほど高まります。つまり、熱意を感じさせない学生というのは、志望度も低いと面接官は判断してしまうのです。
熱意を表せないと、芋づる式にマイナスのものがついてきますので、早めの対策が必要になってくるでしょう。

言葉のキャッチボールができない

仕事をする上でコミュニケーション能力が重要になってきます。それを面接官は、質疑応答の時に確認しています。

下記のようなことが面接中に起きると、コミュニケーション能力に問題ありと判断されてしまいます。

面接官の話をしっかり最後まで聞かない
質問に対して的外れな回答をする
ずーっと一人でしゃべり続ける
面接官の様子を窺わない

独りよがりな行動は、社会人としては相応しくないので、面接ではじかれてしまうのです。

第一印象が悪い人向けの対策

lightning-bolt-768801_960_720
第一印象は、約3秒で決まると言われています。しかも、驚くことに話の内容などが与える影響は、たった7%しかないのです。どんなに面接でかっこいいことをいっても、7%の効果しかないのです。
では、第一印象を決める残りの93%は何が占めているかというと、表情、雰囲気、身だしなみ、声音などです。
そのため、第一印象は非常に重要なので、対策が必要になります。

根拠がなくても自信を持つ

学生がどんなに自信があると思っていることでも、社会では役に立たないこともあります。しかし、根拠がない自信でも持っていると人は輝くものです。キラキラした目、背筋がビシッと伸びた背中からは、自信がみなぎっている様子が窺えます
確証のない自信でも、それがプラスの働くこともあるので、少しの自信を携えて面接には臨みましょう。

大声でハキハキと話す

しゃべり方や声の大きさも印象を左右します。大きな声でハキハキ答えると、テンポもよく、何より聞き取やすいです。人間は、嘘をついたり、隠し事をしているときは、声が自然と小さくボソボソとしゃべる傾向にあります。つまり、大声でハキハキしゃべるという行為は、身の潔白をも表しているのです。

さらに、大きな声を出すためには、お腹から声を出さなければなりません。そのため、自然と背筋が伸びて姿勢も良くなるので、一石二鳥なのです。

笑顔を習得する

表情が暗いと印象が悪くなります。そのため、好印象を与える表情を身に付けなくてはならないのです。面接官の警戒心を解きつつ、心をつかむには、やはり“笑顔”が重要になってきます。

しかし、笑顔が不得意な人もいますし、面接中だけ笑顔が出せない人もいます。面接中に少しでも笑顔ができるようにトレーニングを行ってみると、改善できるかもしれません。
表情に乏しい人や緊張のあまり表情が強張ってしまう人は、割り箸を使ったトレーニングを行い、面接中に笑顔の花を咲かせましょう。

【割り箸を使ったトレーニング】
1、割り箸を口にくわえる
2、くわえた口を「い」の形にして口角を上げる
※唇が割り箸に付かないように注意
3、その状態を30秒キープ
4、10秒休んで、3回行う

熱意の無さにより志望度が低いと見られてしまう時の対策

children-479692_960_720

熱意というのは、仕事をするうえで重要です。しかし、面接では、どのようなことをすれば熱意を伝えることができるのでしょうか。

感情にメリハリを付ける

声音が一定であると、何が重要なのかを面接官はくみ取れないことがあります。また気持ちの起伏が見えないので、熱意を感じられません。
そこで、声にメリハリを付けるのです。一番伝いたいところは、力強く話し、一般的なことを話しているときは、落ち着いて話したりと、緩急をつけてみましょう。

今後の展望を語る

熱意というのは、願望がなければたぎらないものです。何によって熱意が沸いているのか、そこを理解することが大切になってきます。
入社したら何をしたいのか、成就させるためにどうしていくのか、どんな貢献ができるのかを語ると、面接官は熱意を感じるようなので、語れる内容を作っておきましょう。
将来の展望は、いわば“夢”です。人は夢を語るときに輝きを放ちます。それを面接官にも見てもらいましょう。

目を合わせて身振り手振りを付けて気持ちを表現する

声の大きさだけでは、熱意を伝えるのにも限界があります。そこで、目線を使っていくと有効な対策になります。ここぞという時に、目力も強くして目線を合わせてみましょう。眼力の強さ、真っすぐな瞳に、面接官は魅入られるかもしれません。目線を合わせる時は、本心で向き合っていることがわかるので、信憑性が増します。
また、身振り手振りで気持ちの高ぶりを表現するのも効果的な対策になってくるので、行ってみましょう。

言葉のキャッチボールができない人の対策

guy-698784_960_720

面接の場は、一方通行ではなりません。“会話”をしなければならないのです。そのため、言葉のキャッチボールを意識することが対策となります。

面接官が言い終わるのを待ってから回答する

面接官が問いかけている最中に、気持ちが先走って話しをしてしまうと、人の話を最後まで聞かない人というイメージができてしまいます。そのため、面接官が言い終わってから、一呼吸置いて語りだすように意識しましょう。

面接官の意図を理解してから答える

質問を投げかけるということは、何かその裏に意図があって問いかけられます。そのため、何が目的でこの質問はされているのかを見極めてから、答える必要があるのです。
質問の意図に沿った回答でないと評価もできませんし、意思の疎通がしづらいかもしれないと思われかねません。

意図が複数思い浮かんだからと言って、脱線したり多く語り過ぎたりしないように注意しましょう。

面接官が話している時も頷いたりして聞いていることをアピールする

面接中は、話す姿勢だけではなく、“聞く姿勢”も見られています。そのため、面接官が話している時も目を見たり、頷いたり、適宜「はい」と返事をしたりして、聞いている姿勢もアピールしましょう。

まとめ

person-1030796_960_720

面接に合格するために様々な努力をしても、的を得ていなければいみがありません。そのため、面接に落ちてしまう失敗例を参考に、今回は面接対策をご紹介しました。

面接対策として有効なことは、様々言われていますが、一番の対策は、過去の振り返りです。なぜ今回の面接は通過できなかったのか、何が悪かったのかを常に考えておきましょう。不合格も立派な経験です。次に活かすために有意義に活用してください。失敗を振り返ることで、次第に問題点が見えてきます。