面接に受からない人の特徴と対策 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接に受からない人の特徴と対策

面接に受からない人の特徴をご存知ですか?
何社受けても面接で必ず落ちてしまう、なんていう人もいらっしゃると思います。
「何故受からないのか?」「自分の何がいけないのか?」
面接で躓いている人は、受からない人の特徴を知り、自身を振り返るきっかけにしてください。

面接に受からない人の特徴1,自信がない

child-657062_640

就活生の中には、何度面接を受けてもなかなか受からない……という悩みを抱えている人も多いようです。
そこで今回は、面接に受からない人の特徴を理解し、その悩める状況を打破しましょう。
まず最初にあげられる面接に受からない人の特徴は、余裕がなかったり自分に自信がない人です。

対策:周りの人に自分の長所を聞く!!

自信を持つことは、自分が話していることに説得力を持たせたり明るい印象を与えたりと非常に大切な要素です。
自分に自信を持っていない人は、まず周囲の人たちに自分の評価をしてもらいましょう。
自分でも思ってもみなかったところから自分の長所が分かり、それが自信につながるでしょう。

面接に受からない人の特徴2,質問の意図を理解していない

面接に受からない理由として意外と多いのが面接をする意味をよく理解していないことです。
採用担当が投げかける質問には1つ1つ意図があります。
例えが、学生時代どんなことに打ち込みましたか?という質問に対し、「部活動やサークル活動を頑張った」というような答えでは受からないのも当然です。

対策:ただの感想ではなく経験から得たものを具体的に話す

採用担当はあなたが何をしてきたではなく、それを通じてどんなことを得たのかを聞いています。
そのため部活動なら部活動を通じて、サークル活動ならサークル活動を通じて得たことを話しましょう。
このように、採用担当が投げかける質問をよく理解することが大切です。

面接に受からない人の特徴3,志望理由が企業中心

面接に受からない理由として次に多いのが、企業の志望理由が自分中心ではなく企業中心な人です。
簡単に言うと「〜がしたいから御社で働きたい」ではなく「御社は〜だから働きたい」という人です。

対策:働く意欲を示す自分主体の志望理由を考える!

人が何かに対して意欲があるときは、まず根底に自分が〜したいという気持ちがあります。
そしてそんな人ほど仕事においてどんどんと成長していき、将来性ありという評価を得ることができます。
逆に企業主体の志望動機をあげる人は、就職後に自分が思っていたこととのギャップですすぐに辞めてしまう人が多いようです。
まずは自分が何をしたいのか、それが面接に受からない状況を打破する鍵です。

面接に受からない人の特徴は入社後のビジョンを持っていない!!

面接に受からないということは、必ず原因があります。
まずはその原因を突き止めることが、面接に受からない状況を打開するスタートとなります。

しかし自分ではなかなかその原因に気づきづらいものなので、時間があればどんどん模擬面接を行うことです。
何度も繰り返し模擬面接を行う中で、自分の何がいけないのか?に気づくことができます。
また、第一志望でない企業にどんどん応募して本番の面接をこなしていくことでも、改善に近づくことができることでしょう。