面接に合格する人と落ちる人の違いとは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接に合格する人と落ちる人の違いとは

面接に合格する人と落ちる人の違いについてご紹介します。
当たり前ですが、面接には受かる人も入れば、当然落ちる人もいます。
そして受かる人にはそれなりの理由が、落ちる人にも原因があります。
その両方の特徴を知ることで、面接対策の幅が広がること間違いなしです。

面接に合格するために必要なノウハウとは?

bridge-19513_640
企業によって回数は異なりますが、採用されるためには必ず面接が実施されますし、それに合格しなければ希望する企業への就職は出来ないということになります。
大企業になればそれだけ面接の回数も増えますし、最終面接までたどり着くのはかなりの困難を要します。
一般企業の場合は1回の面接で合否がでる場合がありますが、どちらの場合も合格するためには面接は避けて通れないということになります。

●企業が求める人物像を把握すること!!

面接で企業が見ているのは、その企業にとってあなたという人材が必要かどうかという単純明快なものですから、企業の定めた面接のポイントをクリアしなければ絶対に合格は出来ないということになります。
そのため面接に望む際に、曖昧な答えや自信のなさそうな態度はNG、問われた問いに簡潔に自分の意見をいえる明快さは好印象となる場合が多いので、そういったポイントを押さえる練習をしておくと良いでしょう。

面接に合格できない人の特徴

面接に合格できない人にはある程度似たような特徴が見受けられます。
まず多いのが、面接官に自分をアピールしたいがために必要以上に話を長くししゃべり続ける人です。

●必要なのは質問に対して的確に答えられるコミュニケーション能力

面接で求められているのはあくまでも企業の問いにすぐ自分の意見を簡潔にまとめて話すことが出来る適応力、判断力ですから、聞かれた問いに対して意見をだらだら述べる行為は最も嫌われる行為、合格から遠ざかる行為だといえます。
面接に来ているのは自分だけではないわけですから、アピールしたいという気持ちが強すぎる場合には、注意したほうが良いでしょう。
長い話は面接官の印象を悪くする以外の何者でもありませんから、聞かれた質問に対し、的確な答えですばやく答えられるような話術を身に付けておくと良いでしょう。

面接に合格できない人の態度

面接で合格出来ない人の中には、アピールをやり過ぎる人以外にも、逆に消極的過ぎてほとんどアピールしない人も存在しています。
そういった人の特徴は、面接に来ているのに存在感が無く、面接官の質問にも曖昧な答えを言ったり、声が小さく何をしゃべっているのか分からないといった特徴があります。

●消極過ぎるのはNG!曖昧な答え方は避けること!!

企業は会社で働く優れた人材を求めて面接を行なっているわけですから、企業の問いに対して曖昧な答えや態度をとってしまう時点で、何で面接に来たのだろう、入社する意思が本当にあるのかといった疑念を抱かれてしまいます。
そのため自分の意見をきちんと言えない人は、社会人としてわが社への適正無しと判断される場合がほとんどですから、曖昧な態度をとるだけで合格から遠のいてしまうでしょう。

面接に合格するために必要なのは明確な意思表示と質問に対する理解力

面接で合格するために大事なのは、はっきりとした意思表意と、相手の言っていることを理解することができる理解力です。
意思表示に関してはあまり出すぎてしまうと逆効果となりますし、理解力に関しては理解できたのならそれに対する対応を身をもって示す必要が出てきます。
要するに意思表示と理解力のバランスが、面接で合格出来るためには必要なことだといえます。
出過ぎないけれど自分の意見はきちんと言える、問いに対して明確な意思表示、答えを導き出せるけれど出すぎないといったバランスを身に付けることが、合格するために必要となってくるのではないでしょうか。
そのためにも自分自身を知り、相手企業のこともしっかりと知った上で、面接に臨む必要があるといえます。