面接に向けてメイクをする時の注意点3選 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接に向けてメイクをする時の注意点3選

面接で女性がメイクをする時に注意すべきポイントをお教えします。
面接で女性がメイクをする時に注意すべきポイントを知っていれば、面接官に好印象ですよ。
今後の就職活動をスムーズに進めるためには、メイクについてはささっと把握して、志望企業への対策をしましょう。

面接向けのメイクのポイント1,志望企業に合わせる

nature-471179_1280

就活の際には、女性はどの様なメイクをしたら良いか悩むものです。
面接の時に全くノーメイクでは、やる気がないのではと思われてしまいます。

しかし普段メイクをし慣れない就活生が無理に社会人らしくメイクをしようとすると、濃すぎてしまうこともあります。

丁度良いメイクをする為には、就活をする前に研究しておく必要があります。

~志望企業はどのような業種なのかを調べること~

就活で面接の際には、まず自分が希望する会社がどの様な業種なのかを考えましょう。

ファッションやアパレル関係の会社や、秘書を希望する人はある程度しっかりとしたメイクを心掛けた方が良いでしょう。

メーカーや商社、金融関係などの企業はナチュラルメイクが基本です。

面接向けのメイクのポイント2,健康美を強調する

面接でメイクが必要な理由として最も大切なのは、「健康的に見えること」です。

ノーメイクや美白を強調したメイクは不健康に見えてしまい、顔色が悪いことで面接に受からないこともあります。

ベースメイクは特に重要で、なるべく自分の肌の色に近い自然な色を選びましょう。

~不潔な印象にならないように注意!!~

クビの色と顔の色が全く違うと化粧が濃すぎて自社にふさわしくないのでは、と思われてしまいます。

目の下のクマやニキビなどは不摂生をしていたり、不潔な印象になりますので、なるべくカバーしておきましょう。

顔色を引き立てる為にもチークでほんのりとピンクになるように仕上げます。

面接向けのメイクのポイント3,バランスを意識

面接の際に重要となるのは目ヂカラ、アイメイクがポイントとなります。
アイメイクとしては眉毛も含めて考えることが大切です。

眉毛はあまり濃く釣り上げて描いてしまうと遠目で恐い印象になってしまいます。

~柔らかで知的な印象にする!アイシャドウはブラウン・口紅はベージュ系ピンク~

ブラウン系を使用して、柔らかな弧を描く様にすると柔らかく知的な印象になります。
アイメイクをしっかりすると面接の際に顔がきつ過ぎて見えてしまいます、協調性をアピールする為にもあまりアイメイクを強調しない方が良いでしょう。

アイシャドウを塗るコツはブラウン系を使い、徹底的にボカすことです。
口紅は笑顔が綺麗に見えることが大切、やたら目立つ赤やボヤけたピンクは避け、ベージュ系のピンクを選びましょう。

面接に向けてメイクをする時には志望企業のイメージに合わせる!

普段のメイクは自分の個性を際立たせる為にするもの、就活生は割と自由に自分の好きなメイクを楽しんできているものです。
しかし面接のメイクは社会人としてのマナーの一部となるもの、必要以上に個性を目立たせるメイクはNGとなります。

職場で相手に不快感を与えない様にすること、一緒に働いていて健康で爽やかさを感じさせること、社会人としてのメイクは周囲に対する気配りを表すのです。

面接官はオジサンだからメイクを濃くしていった方が良い、と考えるのは間違いです。

会社で度々問題となる女性の言動として、時間中にメイク直しの為に度々トイレに立つことが挙げられます。
面接官はしっかり仕事をしてくれる女性か、中途半端で席はずしばかりしそうな女性かを見極めているのです。