面接に挑む際に必要な心構えについて | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接に挑む際に必要な心構えについて

面接に挑む際に必要な3つの心構えについてご紹介します。
面接は就活生にとって避けては通れない関門です。
おそらく面接なしでさいようする企業はほとんどないでしょう。
なぜなら、面接はこれから共に働く仲間になるであろう求職者の人柄や能力を判断するのにとても有効な手段です。

面接での心構え1,第一印象で好感度UP!

notepad-690335_640
面接で好印象を与えるためには、服装や表情などに対する心構えが重要です。
必要な準備をしっかり整えておけば、自信を持って面接に臨めます。
その自信が、何にも勝る好印象につながるでしょう。

~清潔な服装と笑顔を忘れずに!事前の準備が重要~

面接は第一印象が大切ですから、心構えの第一歩は服装からはじめましょう。
就職サイトなどでリクルートスタイルのルールを知って、万全に整えましょう。
好印象を与えるためには表情や態度、言葉使いも重要です。

あとは面接では緊張して表情が硬くなりがちです。
意識的に笑顔を作る練習をしておいて、本番に向けて準備しておきましょう。
友人などに自分の表情、態度、言葉使いなどのクセや改善点を聞いて、アドバイスを受けておくのも良いでしょう。
事前に直しておけば自信を持って臨めます。

面接での心構え2,自信を持って話す

面接で自信を持って話すための心構えのひとつに、質問に対する答えの準備があげられます。
面接では聞かれやすい質問があります。
以下にその例を挙げてみました。そのような質問への回答を準備しておけば、自信を持って話す事ができます。

~よく聞かれる質問に関しては事前に回答を準備しておくこと!~

準備がないと、戸惑ったり困った表情になり、自信がない人という印象を与えてしまいます。
特に志望の動機やアピールポイントは確実に質問されますから、就職関連サイトなどの情報を参考に、回答をを用意しておきましょう。
たとえ準備のない質問をされても、準備のある回答にならって言葉が出てき易いでしょう。質問への回答の準備は大切な心構えと言えます。

【聞かれやすい質問項目】

・志望の動機
・アピールポイント
・その企業でやってみたい事
・夢
・趣味、特技
・好きな本、好きな言葉、尊敬する人
・休日の過ごし方

面接での心構え3,気持ちに余裕を持つ

面接本番では、必ず緊張するものです。
緊張の度合いは人にもよりますが、緊張しないための心構えとしては、事前に面接の予行演習をしておけば、気持ちにゆとりができます。
このゆとりが緊張を和らげてくれるでしょう。

~模擬面接や就職セミナーに参加して情報を集めておく~

友人などと面接の場面を設定して行うと良いでしょう。アドバスを受けながら練習しておけば、自信を持って臨めます。
また、就職関連のサイトを参考にしたり就職セミナーなどに参加して、面接の手順や質問例、注意事項などの情報を得ておけば、面接に臨む心構えができますので、必要以上の緊張が防げるでしょう。事前に就職に関する情報を得ておくことも緊張を防ぐ有効な手段です。

面接に挑む際に必要な心構えとはマナーの確認・回答の準備・練習の積み重ねや情報収集!

面接の心構えへの対策は、事前に行える事がたくさんあります。

・正しい服装の準備や好感が持てる表情の練習で、好印象を与える準備ができます。
・質問への回答を用意しておくことで、自信を持って話す準備ができます。
・また面接の練習を実施しておき、就職の知識を得ておくことで、余計な緊張をしない対策が打てます。

まずは以上のような心構えのポイントを押さえましょう。
次にそれぞれのポイントに対して、万全に準備しましょう。
その結果、安心して面接に臨めるので緊張も和らぎ、自信を持って話せるでしょう。
面接は、本番以上に事前準備が重要とも言えます。採用への大きなステップと捉え、万全に整えて面接に臨みましょう。