面接に最適なスーツと色について【男性編】 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接に最適なスーツと色について【男性編】

面接に最適なスーツと色について、男性の場合を紹介します。
面接で重要なのは第一印象です。
その第一印象を作る要素として身だしなみが挙げられます。
髪型、スーツのデザインや色など、意外に面接官は就活生が身につけているリクルートアイテムについてよく見ていることを覚えておいて下さい。

面接前にもスーツは必須!早めの準備を!!

businessmen-42691_640

おそらく、普通の学生生活を送っていれば、就職活動に最適なスーツは持っていないでしょう。
その為、特に新卒の方で、就職活動を始める際に、なるべく早めに用意しておいた方がよいのが、就職活動用のスーツです。
これは、本格的に就職活動が始まる前の、大きなホールなどで行われる合同企業説明会などへの参加に着用して行きます。

●合説や企業訪問の際にもスーツで参加するのが安全!

合同企業説明会などは、私服の方も時々いますが、やはり、スーツを身につけた方が無難です。
皆さんがスーツできた時に、自分だけ私服ですと、色も目立ちますし、なんとなく引け目を感じます。
さらに、企業訪問の際にも必要ですし、面接までたどり着いたら、当然きちんとしたスーツが必要です。
面接の際は、特に第一印象が重要と言われてますので、スーツやリクルートアイテムの色、髪型、身だしなみには気を遣う必要があります。

面接に最適なスーツの購入方法

就職活動が始まる時期になると、大手スーツのチェーン店等で、リクルートスーツ特集を行います。
自分のファッションセンスに自信のある方も、面接などのスーツ選びだけは、このリクルートスーツ特集を参考にした方が無難です。
基本的に、就職活動には個性的なスーツや、個性的な色の靴、カバン等は好まれません。

●セットで一括そろえてしまうのも有効な方法!

その点、メンズファッションの専門店は、リクルートスーツの今年の最新の傾向を最も知り尽くしている専門家です。
スーツの色、形、就職活動用のカバン、靴、ワイシャツ等をすべてセットにしてくれる店舗もあります。
面接に来ていくスーツは、好印象を与える物が良いので、そういった点も、店員さんからアドバイスも重要です。
これらのアドバイスに従い、スーツはもちろん、ワイシャツ、ネクタイ、靴、カバン、靴下等、必要な衣類を色のコーディネイトを考えて一括で買ってしまうのが最も手っ取り早い方法です

面接の身だしなみで注意する色とは??

エントリーシート等が選考を通過し、企業側から面接の依頼が来た場合、慎重に面接に臨みましょう。
面接は1次、2次、最終面接等、何回かに分けて選考が行われる事があります。
スーツ色を毎回変える必要はありません。
上記で述べた、無難なスーツ一式をそろえておけば、それを使ってすべての面接に行って大丈夫です。

●地毛が明るい場合は黒染めしなくてもOK!

皆さんが割と注意をしているのが、髪の毛の色ですが、こちらはあまり、気にしなくても良いようです。
男性の場合、茶髪にしているのは論外ですが、生まれつき茶色めの色をわざわざ黒に染める方がいます。これは不要です。
面接官の見る点は、そういったところではないです。
さらに、スーツ、ネクタイ等を着なれていないので、自分に似合わない感じがするかと思いますが、その点も気にしなくて大丈夫です。似合わないのが当然ですので、そのまま堂々と面接に行きましょう。

面接では第一印象が大事!リクルートアイテムの色にも気を使うこと!

就職活動の選考において、面接の意味と言うのは、大きいです。
書面での選別と違い、直接、応募者本人を見る事ができるので、採用担当者も力を入れて面接をします。
この際に、やはり大切なのは、応募者の第一印象です。

個性を出すために、スーツを個性的なものにするというのは、やめた方が良いです。
個性は面接の受け答えの中でいくらでも発揮できるからです。それから、面接官は意外と細かい部分を見ます。
靴下の色なども、きちんとスーツにふさわしい靴下を着用しているかをチェックします。ネクタイも地味な色が無難です。

一方で、比較的考慮に入れられていないのは、カバンです。
カバンの色は地味の方が良いですが、形は、奇抜でなければ、持ちやすいカバンで良いと思います。
それから最近の傾向として、就職活動が夏にさしかかる場合もありますので、その場合は、薄手のスーツを用意しておくとより良いです。
クールビズつまりワイシャツのみでの就活が流行との話もありますが、あまり自信が無い場合には、薄手のスーツを着用し、爽やかさをアピールしましょう。