面接に本当にある!?合格フラグの有無について | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接に本当にある!?合格フラグの有無について

面接には本当に合格フラグがあるのか・ないのかについてお教えします。また、合格フラグの意味についても記載しました。面接において担当者があなたを通すかどうか一体どんな基準があるのか、採用選考について知りたい方はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

面接における合格フラグとはどういう意味?

arrow-686315_1280
就職活動で自分に対する面接官の態度や発言を通して、合格したのではないか?と感じることを合格フラグといいます。
反対に、合格の可能性がないと感じるとをお祈りフラグというそうです。
選考結果を待っている期間は早くても3日ほど、長くて1週間やそれ以上かかりますので、その間は結果がとても気になるものです。
選考結果を待っている間は、自分は合格したのかをふりかえって考える人は多いのではないでしょうか。

◆面接中の着眼点がいい・頭の回転が速いは不合格になるケースが多い◆

面接の担当者から「着眼点がいい」「頭の回転が速い」など褒められたり、質疑応答で会話が盛り上がった場合は、合格の可能性があると考えがちです。

しかし、油断はいけません。これは不合格になるケースもあるのです。

「合格フラグらしい事」を話すのは企業イメージの低下を防ぐため

相手から好感触を得られ、合格フラグを感じたにもかかわらず、実際には不合格になるのにはどんな理由があるのでしょうか。
これは企業や面接官の方針によるのですが、不採用の人にも配慮している姿勢を見せることで企業イメージを悪くしたくない、という理由があると考えられます。
ですから、相手から前向きな発言を得られた場合でも、あまり安心はできません。

◆明確な合格フラグはない!!ただし、極端に面接時間が短いとお祈りフラグの可能性大!!◆

合格フラグとは反対のお祈りフラグにはどんなものがあるのでしょうか。
よくあるケースとしては、面接時間が極端に短いケースです。
これは企業側からあまり興味を持たれていない事を意味することが多いといわれています。
また質問の最後に、「何か言い残したことはありますが」というのはお祈りフラグでは有名な台詞です。

面接における明確な合格フラグとは今後のスケジュールを聞いてくるとき!!

発言する面接官にはさまざまな人がいて、その発言の意図が異なる以上、合格フラグやお祈りフラグなどはあまりあてにはなりません。
ただし、漠然とした抽象的な内容ではなく、今後のスケジュールなどの具体的で詳細な内容についての発言を得られた場合は、合格フラグとしての可能性が高いと思われます。

◆うまく行ったと思っても不合格の場合もある!!落ち込まずに次に行こう◆

うまくできなかったと感じる場合でも合格する場合もありますし、絶対の自信を感じる時でも不合格の場合もあります。
面接では誰もが緊張して、うまく自分を表現することが難しいですが、経験を通して慣れてくることで、自分に自信をつけることができます。
不合格の場合でもあきらめないで、その経験を次に生かしましょう。

面接における合格フラグとはスケジュールを聞いてくること!!ただし確証はないので安心はしないこと

合格フラグをあまりあてにしないことも大切です。

就活の面接で相手からポジティブな印象を得られ、合格する可能性を高く感じることを合格フラグといい、反対に合格する可能性がないと感じる事をお祈りフラグといいます。
面接の時間が極端に短かかったり、相手から「何か言い残したことはありますか」といわれた場合は不合格の可能性が高いと言われています。
反対に相手のリアクションが良かったり、好感触を感じると合格ではないか?と思いがちですが、相手から前向きな反応を得られた場合でも不合格になる場合もあり、合格フラグやお祈りフラグは絶対に信用できるとはいえず、あまりあてにはなりません。
しかし、相手から今後の日程などの具体的な内容があった場合は、合格する可能性が高いといってもいいでしょう。