面接に適切なスーツの色とは【女性編】 | 新卒就活.com

2015/11/04更新

面接に適切なスーツの色とは【女性編】

面接に適切なスーツの色とは【女性編】を紹介します。
面接に行く際に重要なのはやはり第一印象だと言えます。
特に女性の場合、来ていくスーツの色によってもその印象はガラリと変わってしまうことになります。
面接に着ていくべきスーツの色とは一体どのようなものなのでしょうか?

面接で女性が着用してはいけないスーツ色とは?

suit-647415_640

面接に着ていくスーツの色ですが、来て行く色よりもまず絶対に着てはいけない色というものを女性の方は知る必要があります。
男性の場合は女性に比べて選択肢が非常に少なく、それほど着用してはいけない色、着用したほうが良い色というものが多くないのですが、こと女性に関しては様々な色のスーツ、煌びやかで派手な色のスーツなどが非常に多く存在していると言えます。

~ピンクや白のスーツはNG!派手な糸ら装飾があるのも厳禁!~

そのため、女性らしさを強調させたいという気持ちでピンクのスーツや白のスーツといったものを選択してしまう可能性もあるといえます。
しかし面接に臨む際に派手な色のスーツは基本的にNGとなりますし、なにより面接を受ける心構えが出来ていないという印象を面接官に与えてしまう恐れがあります。
面接では目立つ必要はまったくないですし、会社の採用面接を受けているということをしっかりと頭に入れて、派手な色のスーツ、装飾が施されたスーツなどは全て除外したほうが良いでしょう。

面接で好印象を抱かせる女性のスーツの色とは?

面接に女性が着て行ってはいけないスーツの色を説明しましたが、では着て行くべき色のスーツとはどのような色のスーツになるのでしょうか。
基本的に就活を行う場合に着用が多いのが、黒や濃紺といったダークカラーのスーツとなります。
これらの色は派手さも無く着用することで見た目が引き締まった印象、清潔感のある印象に見えますので、最もオーソドックスなスーツの色だと言えます。

~基本となる色が黒と濃紺が無難!~

就職活動用のリクルートスーツの場合、基本となる色が黒と濃紺の2つだと言えますので、それを着用していけばまず色で失敗すると言うことはないでしょう。
ではそれ以外の色はダメなのかといえば決してそんなことはなく、グレーやベージュといったオーソドックスな色でも問題はないと言えます。
ただ濃い色のほうが全体的に締まった印象になるため、印象をシャープに見せたいのであればダークカラーを、柔らかい女性らしさを強調したいのであればグレーやベージュの淡いカラーを選択するとよいでしょう。

面接に着ていく女性のスーツを選ぶ際のポイント

女性が面接にスーツを着て行く場合、最終的に重要なのはその色が自分に合っているかどうかということも重要になります。
女性の場合スーツの形状もスカートやパンツスーツといったように種類がありますし、それによって似合う色、似合わない色というものも出てくると言えます。

~自分に似合っているのか客観的に判断する必要がある~

そのためスーツの色も重要ですがスーツの種類にも気を配り選択したスーツの色や形が果たして自分に似合っているのかどうかを客観的に判断する必要があると言えます。
いくら色が問題なくてもそれが似合っていない、面接官に好印象を与えられないのであれば、それはスーツ選びを間違えていると言えます。
必ず試着して色や形をチェックし、髪型や靴などとのトータルバランスを確認するようにしましょう。

面接に着ていく女性のスーツは試着をして自分に合う色を選ぶこと!

以上、面接に適切なスーツの色とは【女性編】をご紹介しました。
面接は失敗が許されない重要なものだと言えますので、そこに着て行くスーツ選びも出来るだけ慎重に行う必要があります。
そのため明らかに違和感があるスーツなどは避けて、第三者から見ておかしくない色、形のスーツを選択するように心掛けましょう。