面接のお礼状をはがきで送る方法について | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接のお礼状をはがきで送る方法について

面接のお礼状をはがきで送る方法についてご紹介します。
面接後にお礼状を出すことは、就活生に求められる最低限のビジネスマナーです。
お礼状の形態は様々でメール・手紙・はがきなどがあります。
なかでもメールよりもはがきや手紙の方が感情がこもっており、好印象を残すことができます。

面接のお礼状は必ず送ること!!

booth-16817_640
就職活動で面接まで残り、その面接も無事終了した場合、そこで就活も終わりだと思っている就活生も少なからずいるようです。
ですが、面接終了=就活終了ではありません。
面接後には必ず面接を元にした最終選考が行なわれますので、そこで合否が決まることになります。
そのため面接が終了した場合にはそこで終わりではなく必ずお礼状を送って最後の一押しを行なう必要があるといえます。

~メールよりはがきの方が好印象!最後の一押しで選考を突破しよう~

お礼状はメールよりもはがきのほうが効果的で、そのはがきも出来るだけ早く送らないと、到着した時には選考終了後だったということにもなりかねませんので、お礼状は迅速に送るというのが鉄則です。

お礼状をハガキで送る方法1,面接修了後に即送る

面接のお礼状をはがきで送る場合、記載する内容と送る時期には注意が必要です。
送る時期は面接終了後にすぐ送るのがベストで、遅くても翌日には出さないと意味がありません。
はがきの場合、どれだけ早く出しても翌日〜翌々日でないと企業へ届きませんから、面接終了後すぐ出すのが最適だといえます。

~はがきは早くても翌日から翌々日に企業へ届くので注意が必要!~

お礼状の内容については、面接の機会を与えてもらえたことへの感謝、面接で自分自身の意識がどう変化したか、企業への思いや仕事の意欲、そして自分のアピールポイントをもう一度書面に記載することが、お礼状の中に記載すべき最低限の内容といえます。

お礼状をハガキで送る方法2,自己アピールは控えめに

面接のお礼状をはがきで送る場合、アピールポイントを記載すべきとは言いましたが、送るはがきはあくまでも面接のお礼状だということを忘れてはいけません。
そのためお礼もそこそこに、アピールばかりを延々と書き連ねてしまうのは、企業側からしてみると往生際が悪いと感じてしまうことに繋がる恐れがあります。

~お礼が最優先!!自己アピールは簡潔にすませること~

そのため面接では、まあまあの印象だったのに、はがきの印象が悪いためそれが面接の合否に影響してしまうということも考えられます。
ですからまずお礼の言葉ありきで、アピールは簡潔に言葉短めに書くほうが、お礼状で悪い印象を与えてしまうことを回避できるといえます。

面接のお礼状をはがきで送ると好印象!時間がかかるため即郵送すること

面接のお礼状をはがきで送る場合には、その面接で何を得られたのかを書くことも重要となります。
そのため、あらかじめお礼状のはがきを用意していたのでは実際の面接の内容を盛り込めなくなりますので、そのお礼状の効果はあまり無いものとなってしまうでしょう。

面接では企業のことやその業界のことなど様々な話が出てきますので、それらをきちんと把握しておいてお礼状へ記載するということも、とても大事なことになります。
そうする事で面接で何を得たのかの感想にも繋がりますので、ただ合格したいというだけではなく、その後のことも考えて面接の内容をしっかりと把握しておくことも必要になってくるといえます。