面接のやり方によって変わる対策の仕方 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接のやり方によって変わる対策の仕方

面接のやり方にはどんな種類があるのかご存知ですか?
一言で面接といっても、行う形態は企業や業界、選考段階によって変わっていきます。
つまり面接のやり方によって対策を変えなければばりません。
こここでは面接のやり方によって変わってくる対策の仕方をご紹介したいと思います。

面接のやり方は個人と集団の2種類がある

control-427512_640

就職活動で非常に重要な位置を占める面接ですが、この面接のやり方にも種類がると言うことをご存知でしょうか。
面接のやり方は企業によって大きく異なりますので、その面接に合わせた対策というものが必要となってきます。

●集団面接は一人の持ち時間が個人の場合より少ない

面接のやり方で多いのが個別での面接、集団での面接の2種類で、この2種類には大きな違いがあるためそれぞれの違いを理解して面接に臨む必要があるといえます。
最も大きな違いは面接に使用できる一人の持ち時間で、個別よりも集団のほうが持ち時間は短いですから、いかに効率よく自分をアピールできるかが面接では問われることになります。

個別面接の対策方法とは?

面接のやり方が個別面接だった場合、面接には自分一人に対し1〜3人程度の面接官がいることになります。
面接のやり方で集団面接との違いは、他の参加者がいないため持ち時間を使って自分を存分にアピールすることが可能となります。

●質問に対して自分の意見をしっかり伝えること!!

しかし個人面接のやり方は逆に考えれば企業側も一人ひとりをじっくりと面接で吟味できるわけですから、
集団面接に比べると非常に中身を見られる面接となるといえます。
そのため質問の内容も深くまでつっこんでくるものが多いですので、自分自身の考えをしっかりと持ち、質問に対して自分の意見をきちんと答えられるということが個別面接では求められることになります。

集団面接の対策方法とは?

面接のやり方で集団面接に臨む場合、この場合の面接のやり方の特徴は他の参加者も一緒に面接を受けるわけですからいかに自分をアピールできるか、面接官の目に留まるかということが重要となってきます。持ち時間も個別面接と違い非常に短いですからアピールに失敗すると何も出来ないまま面接が終了するということもありえるわけです。

●質問された内容に対する的確な答えを瞬時に出そう!

個別に質問はされますが、それに対する答えをだらだらと話す時間はありませんから、
質問された内容に対して瞬時に自分の言葉で的確な答えを言えるかどうかがポイントとなります。
それと面接のやり方が集団だった場合は、他の参加者との比較もされますので、部屋に入る時点から常に印象を意識しながら面接に臨むと良いでしょう。

面接のやり方によって変わる持ち時間に沿った対策をしよう

面接のやり方で個別面接と集団面接の違いは分かったと思いますが、
どちらの面接のやり方でも最終的に重要なのは参加者の中身ということになります。
集団面接の場合は見た目の印象なども重要ではありますが、
やはり面接官はうわべだけでなく中身もしっかりとチェックしていますので、
自分自身の考えをしっかりと持っている人のほうが、面接合格率は高いといえるでしょう。