面接の仕方のポイントとは!担当者に好印象を与える方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接の仕方のポイントとは!担当者に好印象を与える方法

面接の仕方の3ポイント!担当者に好印象を与える方法をお教えします。
学生のうちではなかなか分からない面接の仕方。就活を始める間に押さえておきましょう。
すでに受けてしまった方は、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。面接の仕方・方法をお教えします。

面接の仕方1,会場に行く時は15分前に到着しよう!!

BL010-aremoshikashite20140810500
基本的な面接の仕方ですが、面接開始の15分前には会場に行き受付を済ませましょう。
まずは3回ノックをして中からどうぞという声がしてから中に入るようにしましょう。

失礼しますと言い、中に入り自分の名前を名乗り、「宜しくお願い致します。」と言って
その後相手から言われてから座るようにしたらいいのです。

面接の仕方2,着席したら背筋を伸ばして姿勢を良くする

着席をしてからの面接の仕方についてですが、着席すると背筋を伸ばして姿勢を良くするようにしましょう。
着席をしてからすぐに履歴書や職務経歴書を相手に渡すことが多いので、
カバンからすぐに取り出せるようにしておきましょう。

その後面接担当者が名刺を渡してくれることもあるので、ビジネスマナー通りに受け取るようにしましょう。
名刺は机の右端に置くようにして、面接終了時に忘れないように持ち帰りましょう。

面接の仕方3,相手の目を見てハキハキ明るく話す!!

着席をしてから背筋をまっすぐに伸ばして、相手の目を見て話すようにしましょう。
手は軽く握るようにして、膝の上に載せるようにしておきましょう。
注意しておきたいのは携帯電話です。面接会場に入る前に電源を切るようにしておくと無難です。
面接官の質問にはハキハキと相手に聞こえやすい声で話すようにしましょう。

面接の仕方4,いつも通りの平常心で素直に答えるのが大事!!

面接の仕方で大切なのは緊張しないようにすることと、いつも通りの平常心で面接をするようにしたいですね。
普段から面接をする際の練習をしておくようにしましょう。

面接では最後に質問は何かありませんか?という風に聞かれることがあるので自分の聞きたいことを聞くようにしましょう。

面接の仕方5,帰る時にはお礼を忘れない事!!

帰る時には席を立って相手の方を見てから本日はお忙しい中ありがとうございましたと言い、一例をしてから帰るようにしましょう。

その際にはドアやエレベーターの入り口などまで相手が見送りに来てくれるので、そこでも一礼をして帰るようにしましょう。

建物を出るまでは気を抜かずにいるのが良い面接の仕方になります。

できるだけ姿勢を良くして歩くようにしたいですね。

面接の仕方6,面接にはある程度決まった型がある!慣れるまで練習を

面接の仕方は人それぞれですが、ある程度の決まった型があります。
面接で聞かれる質問もある程度は答えることができるものなので、聞かれる質問に関しては事前にインターネットや書籍で調べておくようにしましょう。
やはり友人などと一緒に練習をしておくといいのです。

社会常識にそってビジネスマナーを守り、社会人として面接に望むようにしましょう。
面接官に好印象を持たれるようにしたいですよね。

面接の仕方のポイントとは社会常識を守った行動をする事!慣れる迄練習を!

面接の仕方のポイントとは社会常識を守った行動をとることです。
面接にはある程度決まった型があります。とにかく、慣れる迄練習するのが大事です。
姿勢を良くして、明るく、ハキハキと話をするのが大事です。
是非、面接の仕方には注意するようにしましょうね!!