面接の受け方とは?面接官に好印象を与える3つの方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接の受け方とは?面接官に好印象を与える3つの方法

面接の受け方をお教えします。面接官に好印象を与える方法にはどんなものがあるのかをまとめました。
一体、どうするのが面接の受け方として正しい方法なのでしょうか。
面接官に好印象を与える方法としておきたいマナーについてお教えします。面接が通らずに迷っている就活生は必見です。

面接の受け方で重要なポイントとは?

CL201_syorui2320140830185655500
就職活動において面接の受け方はとても重要となってくるため、正しい面接の受け方を熟知したうえで面接に臨む必要があります。
面接で重要となるものには大きく分けて3つあります。

◆身だしなみ・態度や姿勢・面接中のマナーが重要視される◆

1つ目が面接に行く際の見た目や服装、2つ目が面接に臨む姿勢や態度、3つめが面接でのマナーとなります。
このどれが欠けていても面接では好印象とはなりませんから、全ての面において完璧な状態で面接に挑まなくてはいけません。そのためには面接の事前に模擬面接なども行い、予行演習を経たうえで、面接を受けると良い結果に繋がるのではないでしょうか。

面接の受け方1,見た目や服装をしっかりとさせる

面接の受け方において、まず最初に面接官の印象を変えるのが見た目の印象です。
いくらマナーや礼儀が素晴らしくても、面接に臨む見た目や服装が伴っていなければ、それだけで面接に臨む姿勢までも疑われてしまいます。
そのため髪の色やアクセサリー、着ていくスーツや靴といった着用物にも気を配り、見た目にも清々しい雰囲気、真面目な印象を与える服装や身なりで面接に参加する必要があるでしょう。

◆見た目がきちんとしていない人は与えられた仕事も出来ないと判断される◆

見た目がきちんとしていない人は与えられた仕事も出来ないと判断されるのが社会の常識です。

これは面接の受け方という以前も問題で、見た目がきちんとできない人は与えられた仕事もきちんとこなせるはずがないという印象になってしまいますので、必ず見た目には気を配る必要があるでしょう。

面接の受け方2,面接に挑む姿勢や態度にも注意が必要

面接の受け方で面接に挑む姿勢や態度は、面接官に与える印象を良くも悪くもしてしまいます。服装や見た目がきちんとしていても、明らかに面倒臭そうな態度や、やる気のない表情などは、面接官に与える印象としては最悪のものだと言えます。
緊張している場合も極度の緊張はあまり良い印象を与えない場合がありますので、多少リラックスして臨むくらいのほうが良い結果に繋がる場合が多いといえます。

◆適度にリラックスしよう!ただしやりすぎは気の緩みで大失敗に繋がる◆

しかし、あまりにも面接の受け方としてリラックスしすぎるのも問題です。気の緩みは時として大失敗に繋がる恐れも孕んでいます。そのため面接の受け方においては気を緩めず、でも緊張しすぎずといった絶妙なバランスが必要となるでしょう。

面接の受け方3,マナー一つで面接が台無しになる

面接の受け方でマナーは特に面接官がチェックするポイントとなります。服装や見た目に気を付けて、面接に臨む姿勢や態度にも気を配っていたとしても、ビジネスマナーがまるで駄目な場合にはその時点でマイナス評価になる可能性が高くなります。

仕事をするうえでビジネスマナーは最も重要なものですから、そのマナーが身についていない人は大事な商談などをダメにする恐れがあるため、面接の受け方でもマナーは非常に重要視されています。

ですからマナーが出来ているかどうかを事前に確認して、面接において失礼のないよう、マナーが出来ているかどうかを他の人にも確認してもらってから面接に挑むようにしましょう。

面接の受け方と好印象を与える3つの方法まとめ

面接の受け方と好印象を与える3つの方法をまとめました。

就活生はぜひ、ここに書いた3つの方法を騙されたと思って実践してみてください。

そうすれば今後の就職活動がスムーズに進む事は間違いなしです。