面接の対策で選考を突破する方法 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

面接の対策で選考を突破する方法

面接の対策で選考を突破する方法を紹介します。
企業の採用試験で面接は非常に重要なウエイトを占めるものだといえます。
そのため面接の対策を講じているかどうかで面接が成功するか失敗するかが決まるといっても過言ではありませんから、必ず対策を練る必要があります。

面接の対策1,模擬面接で雰囲気に慣れる!

megaphone-50092_640
面接の対策を行なう場合、まず重要になってくるのが面接の雰囲気に飲まれないということです。
おそらくほとんどの人が一生のうちで面接を行なう機会はほとんどないといえますから、面接=緊張という構図が必ず成立してしまうといえます。
特に就活での面接の場合、失敗したら内定がもらえないというプレッシャーが必ず付きまといますので、それを克服しないと自分の言いたいことがほとんど言えないまま面接が終了してしまうことにもなりかねません。

~面接の雰囲気に飲まれないよう繰り返し練習が大切!~

そうならないためには模擬面接を行い、面接の雰囲気に慣れるということが重要になってきます。
あの独特の雰囲気は何度も面接を繰り返しておかないとまず克服できないでしょうから、面接の対策の中でも雰囲気に慣れるということは緊張をほぐしリラックスして面接に望むためにも必要不可欠だといえます。

面接の対策2,回答を準備する

面接の対策では必ず質問されるであろう質問というものがあり、それをきちんと答えられるかどうかで面接官に与える印象も大きく変わってきます。
特に多いのが「あなたの長所は?」という質問や「あなたのアピールポイントは?」といった質問ですが、この2つは似ているようでその質問の意味がまるで違いますので、それぞれに対しての的確な答えを用意しておかないと面接で慌てることになります。

~長所は内面的・アピールポイントは会社に役立つ能力~

まず長所というのは自分の良い部分、この部分なら誰にも負けないといった部分のことですので、それに対する答えを準備しておく必要があります。
ではアピールポイントはと聞かれた場合はどうすればよいかというと、その長所を活かして会社に対しどのようなことを自分は出来るのか、アピールできることが会社の利益にどう繋がるのかといった答えを準備しておくとよいといえます。
長所は内面的なもの、アピールポイントは実際に会社に役に立つ自分の能力だと考えると分かりやすいでしょう。

面接の対策3,身だしなみや立ち振る舞いの確認

面接の対策は質問の答えや面接に慣れておくだけでなく、身だしなみや立ち振る舞いも必要となります。
面接では必ず身だしなみをチェックされますし、面接での立ち振る舞いや受け答えなども必ず評価ポイントとなります。
そのため身だしなみがまるでなっていない、受け答えの声が小さいといったことだけでも、面接では大きなマイナス評価となることがあります。

~身だしなみや話し方にも気を配る必要がある~

社会人となるもの、やはり身だしなみに気を使えない人はそれだけで基本が出来ていないといえますし、受け答えに関しても声が小さい、何を言っているのかわからないようでは意思疎通が出来ないと言えます。
そういった面の面接の対策も重要になってくるといえます。
面接では的確な答えが必ず求められますから、しっかりとした受け答えが出来るように準備をしておきましょう。

面接の対策で重要なのは模擬面接・回答の準備・身だしなみや話し方の確認!

以上、面接の対策で選考を突破する方法でした。
面接は就活生が避けては通れない関門です。内定につなげるためにも事前の準備は大切です。
面接の対策は何か一つを対策しておけばよいわけではなく、全ての面においての対策が必要となります。
そのため受け答え、身だしなみ、立ち振る舞い、質問に対する答えなどを隙無く対策する必要があるといえるでしょう。