面接の心得として押さえておくべきポイント | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接の心得として押さえておくべきポイント

面接の心得として押さえておくべきポイントを紹介します。
面接を受ける際にいくつかの注意点があります。その注意点を事前に知っておくことで普段から心がけることが大切です。
就活生にはぜひ知ってもらいたい心得ですので、覚えていって普段から気を付けて就活に励んで下さい。

面接の心得1,目を見て大きな声で話す

silhouettes-776666_640
ごくごく基本的なことに思うかもしれませんが、面接の心得としてまずいえることは、必ず目をみて話すようにするということです。
目を見て話すようにする、大きな声で話すということは社会人として基礎中の基礎ではあるのですが、意外にこれが面接でできいない方が多いです。

~社会人として適応できることをアピール!~

面接では社会人になるための適性を見ているのですから、目を見て大きな声で話すという社会人としての人柄の基礎の部分がなっていないとなると、それはおおきなマイナスポイントとなるのです。
だからこそ、この目を見て大きな声で話すということが面接の心得として言えることとなるのです。目を見て話すのが苦手だというのであれば、社会人として適応できる人柄があるということをアピールするために、しっかり練習して、目を見て大きな声で話す力を身に着けておきましょう。

面接の心得2,正直に答える

面接の心得として次にいえることは、答えられないことは素直に答えられないと回答するということです。
面接をしていると答えられないようなこともたくさん出てきますよね。
そんな時には、無理して知ったかぶりをするよりも素直に、「申しわけございません。勉強不足でした。これから知識を増やしていきたいと思っています。」と回答する方がよほど良いのです。

~素直さや努力する姿勢を見せること!~

就職の面接ではそこまで人と人に差がないことが多いです。
ですから、人間性を重要視しているところが多いものです。
だからこそ、こうして素直に謝罪できたり、勉強していきたいという姿勢を見せることが面接の心得になるのです。
だれだって素直な人間や未来に希望を持てる人間と一緒に働きたいと思うものですから。

面接の心得3,コミュニケーションだと意識する

面接の心得として最後に言えることは、面接はコミュニケーションだと意識することです。
面接ではついついこちらが一方的に話してしまうものですが、それではやはり良い印象は残りません。
何度も言いますが、面接は人柄をはかるという目的がすごく重要度が高いです。

~相手が質問しやすい回答を用意しておくこと!~

人柄を見るためにはお互いがコミュニケーションをとる必要がありますよね。だからこちらが一方的にしゃべるのは良くないのです。
ではどうしたらこの面接の心得どおりに面接で上手くコミュニケーションがとれるようになるかと言いますと、それには面接中になるべく相手にもしゃべらせられるように、質問しやすい回答をしていくといったことが挙げられます。
上手く質問をひきだすような突っ込みやすい回答を作っていきましょう。

面接の心得を押さえておくことで相手に悪い印象を与えない!!

面接は、人柄重視の採用が多いからこそ、これらの面接の心得がすごく重要になり、これらのことが勝敗を大きくわけるファクターになりやすいのです。
だからこそ、この機会にしっかりこれらの面接の心得を覚え、面接で採用を勝ち取れるようになっていってください。
面接の短い時間で人柄をアピールするのは難しいものです。

しかしその逆に、面接の短い時間でも人柄が良くないと思われることは多々あるものです。
そうして人柄が良くないと思われたらまず印象を覆すことは難しいです。
これらの面接の心得を参考にしていけば、最低限悪い印象を与えることはまず防げるようになります。
そういう防衛策的な意味でも役に立つので、これらの面接の心得を是非参考にしてみてください。