面接の志望動機の決め手とは?選考突破のための方法 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接の志望動機の決め手とは?選考突破のための方法

面接の志望動機の決め手とは何でしょうか。選考突破のための方法をお教えします。
ぜひ、面接で志望動機を相手に分かりやすく伝えるために方法を覚えておきましょう。
今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、選考突破のための方法を押さえて下さい。就活生必見です。

面接で志望動機を尋ねる理由とは?

office-730681_640

面接の志望動機を尋ねる理由を考えてみましょう。
履歴書やエントリーシートで、度々志望動機を記入しているのに、面接でもくり返し尋ねます。そこまで尋ねるのはなぜでしょうか。

面接担当者は、もちろん履歴書やエントリーシートには目を通し、また、それを見ながら面接をしています。

履歴書やエントリーシートに書いてある志望動機を、実際の面接で直接尋ねることで、1つには、会社への志望度を確認したいからです。どの位の思いでウチの会社に来ようとしているのか、その思いの強さを計っています。

~「能力があり」かつ「仕事への熱意がある人」が良い!!~

会社が欲しいのは、「能力があり」かつ「仕事への熱意がある人」です。志望度が高く、企業への熱意がある人は、入った後もモチベーション高く仕事に取り組み、活躍してくれる可能性が高いからです。

面接の志望動機を聞けば、その学生がどれだけ企業への熱意を持っているかわかります。企業への熱意、仕事への情熱を確認するために、面接官は志望動機を質問するのです。

面接で志望動機を聞かれた時の伝え方のポイント

面接の志望動機を尋ねる理由が、上記のように会社への志望度の確認にあるなら、それを伝えるようにすれば、採用される可能性が高まります。

そのポイントとしては、自分の希望やビジョンがあり、それを実現するには御社しか無いという構成で、志望動機を伝えます。そしてその強い熱意が面接官に伝わります。

~会社への入社を強く志望していることを伝える!!企業の特徴を調べておこう~

業界の中で、御社しかない、という理由がはっきりすればするほど、会社への強い志望度が伝わるはずです。

そのためには、業界分析をして、業界の中での志望企業の長所・強み・特徴を調べて、自分のビジョンと企業の特徴を結びつけることが必要です。その具体性が面接の志望動機に説得力を与えます。

面接の志望動機としてNGな例とは

面接の志望動機としてふさわしくない、NGなものも紹介しておきましょう。

「志望動機が漠然としすぎていて伝わらない」、「とにかく熱意だけで押し切ろうとする」など、
“志望動機になっていない志望動機”を語ってしまう人。前述のように、面接では「なぜその会社なのか?」具体的に述べるのが鉄則です。事前に企業研究をして、志望動機を説明できるように準備しておく必要があります。

~自ら戦力となって動いて行ける積極的な人間であることをアピール~

また、意外とありがちなのが「勉強熱心さ」をアピールして不採用となるパターン。「御社で勉強したい」という面接の志望動機は、本人的には前向きな姿勢をアピールしているつもりでも、企業側には「自ら戦力になろうとしない受身な人間」と捉えられる可能性があります。

原則として「会社は勉強をしに行くところではない」ことを押さえておきましょう。いかに会社に貢献できるかをアピールしましょう。

面接の志望動機で盛り込むべき重要なこととは

ball-457334_640

面接の志望動機は会社の説明になっている志望動機です。「貴社の新規開発能力は素晴らしい思います。海外でも、その開発が評価されていて~」などと会社のことを褒めたとしても、面接官には響きません。

では志望動機で重要なこととは何なのでしょうか?

~応募企業の魅力があなたにとってどんな意味があるかをアピール~

それは、応募企業の魅力があなたにとってどんな意味があるのかということです。

面接の志望動機で自分の経験・過去と応募企業がやっている事業・成果が組み合わされば、会社に貢献できるということをきちんと伝えるべきです。そのためには、応募企業を分析し、より具体的に説明するということが必要です。

面接の志望動機の決め手とは応募先の魅力を語れるかどうか!!自分の能力をアピールすること

面接の志望動機の決め手とは応募先の魅力を語れるかどうかです。

また、自分の能力が企業でどのように活かせるのかをアピールするのが大事です。そのためには、企業の特徴を調べて他の会社と比較してどこが良いのかを話せるようにしておきましょう。

選考突破の方法は以上の通りです。ぜひ、魅力的なアピールをして行ってくださいね。