面接の成功体験から学ぶ選考突破の秘訣とは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接の成功体験から学ぶ選考突破の秘訣とは

面接の成功体験から学ぶ選考突破の秘訣についてご紹介します。
ネットなどで、失敗談と共によく見かけるのが面接の成功体験談。
面接の成功体験をみることには実はメリットがあります。
他人の成功体験を見て、一体なにが自身の得となるのか?説明していきましょう。

実際に面接の成功体験を聞くメリットとは??

away-509966_640

面接の対応を良くするためには、成功体験をしっかりと聞くことが重要です。
面接は基本的には自分のポジティブなところを見てもらう場です。
自分の良いところを面接官に知ってもらうことで、面接の合格へ近づくことができます。

●成功体験を参考に自分の面接をシミュレーションしてみることでポジティヴに!

逆に失敗体験ばかり聞いてしまうと、徐々に悲観的になってしまうことが多いです。
成功体験を聞くことで、実際に自分が面接を受けたときのシミュレーションをすることができるので、ポジティブになることができます。
成功体験を聞くときは、自身のこれからの面接先と重ね合わせると良いでしょう。

面接の成功体験例その1

面接の際には、個人のコミュニケーション能力も非常に重要なのですが、今まで行って来たことも重要です。
今回の面接でも、今まで何を行って来たのかを聞かれました。
このときに、部活動を全くやっていなかったり、その他サークル活動などを行っていないと残念ながら行動力がないと判断されてしまいます。

●自分の経験してきたことを具体的に話すこと!!

今回は、ボランティア活動を例とした自己アピール方法をご紹介します。
与えられたポジションで自分はどのような働きをしてチームワークへ貢献したかを具体的なエピソードを元に話しましょう。

【例文】

私は人を笑顔にすることができる人間です。
過去に介護施設でボランティアをしていました。
そのボランティアの中で大切にしていたのは笑顔を絶やさないことです。
毎朝ひとりひとりに明るい声で挨拶をし、積極的に話しかけにいったり、冗談をいって笑わせたり。
自分の笑顔と相手の笑顔、両方を絶やさないように心がけました。
すると、施設の利用者様である90歳の御婆ちゃんが
「あなたの笑顔をみていると私の心もポカポカするの、いつもありがとう」
と笑顔で仰ってくださいました。
その言葉を聞いた瞬間、私の笑顔がお婆ちゃんの笑顔に繋がったということに気が付きました。

このときには、部活動やボランティア活動の内容も詳しく説明することで信憑性が生まれ、面接を合格することができました。

面接の成功体験例その2

今回の面接の成功体験例は、自身の予習が身を結んだ例です。
面接に行くと、必ず聞かれるであろう質問などがあります。
「我が社を選んだ理由はなんですか?」「ご自身の良い点と悪い点は何ですか?」などです。

●よく聞かれる質問に関しては回答を準備しておくこと!

これらのことは聞かれる可能性が非常に高いので、事前に何と言うか決めるようにしておきました。そうすることで、自身の考えをしっかりと伝えることができたので、面接の合格に繋がりました。
成功体験で良く見かけるのがアドリブがしっかりしているかです。
実際に予習をしておいて成功することも多いですが、アドリブで慌てず質問に答えるのも重要です。

面接の成功体験を聞いて就活に対するモチベーションをあげよう!

人の人生には色々な分岐点がありますが、この面接こそ非常に大きな分岐点と言えます。
面接に合格して、その企業で働くのはもしかすると30年以上になるかもしれません。
それほど重要なことなので、面接先はしっかりと選ぶ必要があります。

なにより、面接には必ず合格するという強い気持ちが大切です。
その強い味方になってくれるのが成功体験です。
成功体験を聞くようにすることで、自身の面接に対するモチベーションもアップするので、成功に近づくことができます。
成功体験例は、自身の友人や先輩に聞く方法もありますし、インターネットで聞くこともできるので面接前は必ず聞くようにしましょう。