面接の採用基準からみる!就活生に求められるものとは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接の採用基準からみる!就活生に求められるものとは

面接の採用基準からみる、企業が就活生に求めるものとは一体何なのでしょうか?
面接の採用基準はこれといった決まりがなく、企業や業界、面接官によって変化していきます。
ですが、面接官が見るポイントの大前提はほとんど変わりません。
では面接の採用基準の一例を参考までにみていきましょう。

面接の採用基準1,第一印象

N934_akusyusuruhutaribiz500
就職活動で最も難関だといわれている面接ですが、その採用基準は企業によって様々です。
しかしどのような企業でも必ずある採用基準が、第一印象がどうであるかということです。
面接において第一印象は非常に重要で、面接が上手くいくかどうかは第一印象で半分以上が決まってしまうとも言われています。

~第一印象が悪いと仕事ができないイメージを抱かれる!~

なぜ第一印象が採用基準に大きな影響を与えるのか?
それは、第一印象が悪ければ仕事が上手くいかないことが非常に多いためです。
そのため大事な面接に面接を受けるような格好で来ない、面接官に対する態度が挙動不審、おどおどしている、自信がなさそうな雰囲気を出しているといった感じだと、面接をクリアすることができないといってよいでしょう。

面接の採用基準2,受け答え方

面接の採用基準はまず第一印象を基準としている企業が多いのは説明しました。
次に多いのが、言われたことに対する受け答えがどうであるかということです。
社会人になった場合、上司から言われたことにきちんと受け答えできない人は、社会人として失格だと捉われる場合があります。

~面接官の質問に対して適切な回答をすること~

会社には報告・連絡・相談という3つの決まりごとがあります。
これはきちんとした受け答えができなければ報告も連絡もできません。
自分の言いたいことをきちんと言えないような状態では相談もまま為らないといってよいでしょう。
そのため面接での採用基準に受け答えや態度を重視している場合も多いといえます。

面接の採用基準3,柔軟に対応できる適応力

面接の採用基準の中には、適応力を重視している場合も多く見られます。
ほとんどの就活生は、面接に対して何らかの傾向と対策を立ててきている場合が多いでしょう。
そのため、面接官の質問に対してスラスラと受け答えができる人が多いのも事実です。

~あらゆる状況に対処できる柔軟な思考が求められる~

しかし面接では教科書を丸暗記したような受け答えは求めていません。それが採用基準になるということもありません。
むしろ突飛な質問に対して柔軟な思考で対応できる適応力のほうが採用基準としては重視されていると考えたほうが良いでしょう。
マニュアル人間では仕事中におきたトラブルを回避することは出来ません。
ですが、柔軟に対応できる適応力がある人はトラブル回避が出来る人材だと判断されます。

面接の採用基準で重要なのは入社への熱意!マニュアル人間にはならないこと!

面接の採用基準は色々とあるため、今まで挙げてきたこと以外にも採用基準を設けている企業は多いでしょう。
しかし面接での採用基準で最も重要なのは、本当にこの会社で働きたいという強い意思が感じられるかどうかです。
面接を無難にこなす人よりも、不器用でも自分の思いを前面に押し出してアピールする人のほうが、採用されやすいといえるのではないでしょうか。

企業が欲しいのは仕事を無難にこなす人材ではなく、仕事を忠実にこなしながらも会社の業績を上げようと努力する人、常に上を見て仕事をしている人だということを頭に入れておきましょう。