面接の時間変更をお願いする際の伝え方とは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

面接の時間変更をお願いする際の伝え方とは

面接の時間変更をお願いする際の伝え方についてご紹介します。
面接の時間を変更したい状況は就活中によくありますよね。
急に選考が入ってしまった、電車が遅延して面接時間に間に合わないなど状況は様々です。
では、面接の時間変更をお願いする際のマナーをみていきましょう。

面接の時間変更をお願いする際の伝え方1,電話をする

iphone-410324_640
面接の時間変更をお願いする際には、面接の時間変更が必要になったとわかった時点でなるべく早く電話をするようにしましょう。
メールで伝えるのは、すごく失礼になりますから、それだけはやめてください。どうしても電話がつながらない場合、伝言と併せてメールをするなら問題ありませんが、最初からメールでそれを伝えるのは印象がすごく悪くなります。

●つながらない場合は必ず伝言を入れること!

また、なるべく早く伝えるというのもすごく大切です。
ギリギリで言われてもあちらはただスケジュールがあくだけですが、早めに言われれば他の方の面接をすることができるようになり、迷惑がうすくなりますから。

ですから、面接の時間変更をお願いする際には、なるべく早く電話で伝える必要があるということを覚えておいてください。

面接の時間変更をお願いする際の伝え方2,選考のお礼を言う

面接の時間変更をお願いする電話をかける際には、まず最初に選考に関してのお礼を述べましょう。
そのあとで時間変更のお願いをした方がスムーズに伝えられますし、相手にしてもあまり嫌な感じはしないでしょう。

●第一声が面接の時間変更のお願いなのはマナー違反!

文言の例をあげると「○○大学○○と申します。先日は選考のご連絡を頂き誠にありがとうございました。大変うれしく思っております。本日はその件で大変失礼ながらご相談させて頂きたくご連絡させて頂きました。ただいまお時間頂いてもよろしいでしょうか?」「実はこの度どうして頂いた日時で都合がつかなくなってしまいまして、もし可能であれば、他の日時に御変更いただくことはできませんでしょうか?」というような文言になります。

面接の時間変更をお願いする際の伝え方3,理由は聞かれたら正直に話す

面接の時間変更をお願いする際の伝え方として、理由を伝えるべきか否かで迷う方も多いのではないでしょうか。基本的には面接の時間変更の理由は伝える必要はありません。相手も時間変更くらい慣れているでしょうから、別段突っ込んでもこないでしょう。
しかし、稀に聞かれることもあります。もし聞かれたら必ず正直に話すようにしましょう。

●嘘は厳禁!正直に話すことが大事!

例え他社との選考がかぶってしまったとしても、それを正直に話すべきです。
会社は意外にそうした他社の選考スケジュールなどを把握していたりするので、嘘をつくのは良くありません。
「そちらの面接が先にはいっていたのを忘れていた」などと軽くフォローして、正直に告げるようにした方がウソをつくよりはよほど印象が良くなるでしょう。聞かれたら必ず正直に話すようにしてください。

面接の時間変更をお願いする際はマナーをしっかり守ること!

面接の時間変更のお願いをする際の伝え方としては以上になります。
たしかに長い就職活動中、何らかの事情で面接の時間変更をお願いしなければならない場面も出てくるでしょうが、やはり一番良いのは時間変更をしないことです。かぶらないように努めるのはもちろんのこと、体調管理などもしっかりして、頂いた日時で面接ができるようにするのが一番良いのは明白です。
できるかぎり時間変更の必要がないようにすごしてください。その上でもしどうしても時間変更が必要になったらこれらの方法で正しくマナーよく時間変更を伝えるようにしていきましょう。