面接の最重要選考基準「人柄」とは | 新卒就活.com

2017/09/19更新

面接の最重要選考基準「人柄」とは

面接の最重要選考基準「人柄」とは何でしょうか。

しかし一言で「人柄」と言っても、漠然とし過ぎて掴み所がありません。

そこで今回は、この「人柄」の実態についてお伝えしていきたいと思います。エントリーシートや自己PRを書く時にぜひ、参考にしてくださいね。

面接で最重要とされる選考基準は「人柄」

以下の記事で、企業が選考で最重要視している選考基準は「人柄」だとお伝えしました。

<参考記事>
企業が求めるアピールポイント・トップ3とは?

しかし一言で「人柄」と言っても、漠然とし過ぎて掴み所がありません。
そこで今回は、この「人柄」の実態についてお伝えしていきたいと思います。今回はエントリーシートなどは除き、純粋に面接で「人柄」をアピールするポイントのみを解説していきます。


【採用基準を丸裸】人事が”ホント”は見せたくない面接評価シート

PR

「何を聞いているのかわからない」と一回は感じたことありませんか?
面接官が何を評価しているのかを理解しているかどうかで、面接のしやすさが違ってきます。

キャリアパークでは面接官が実際に使っている評価シートを無料でもらうことができます。
面接はどれだけ良い印象を与えることができるかが勝負です。
是非チェックしてみてください。

面接で重要視される人柄とは即ち「コミュニケーション能力」

503882a9ece7aba5648a47568b554aa2_s
まず大前提として、面接は就活生と面接官の対話であることを忘れないようにしましょう。つまり面接を通して人柄をアピールするためには、対話の基本を押さえておかなければなりません。

たとえば面接官と一度も目を合わせない就活生は、当然ですが人柄の面で大きなマイナス評価となります。

いくら他で凄いアピールをしても、その人柄の悪印象だけで落選となってしまうことも少なくありません。なぜなら、上記「企業が求めるアピール〜」でもお伝えしていますが、企業が求めているのは「人柄」であり、アルバイトやサークル、学業等での凄いアピールは大半の企業が求めていないからです。

これがいわゆる「コミュニケーション能力」です。これは自己PR等でアピールしてもあまり意味はありません。なぜなら、面接の対話自体で見極められているからです。そのため、まず基本的な対話をきちんと行うことを意識しましょう。

「人柄」のアピールには対話の基本を押さえること

面接とは面接官との対話です。そのため、対話の基本を押さえておく必要があります。より具体的には以下のような点を気をつけておくようにしましょう。

人柄アピールの方法1,一方的に話さない

対話ですので、自分だけ一方的に話すのはNGです。相手の質問に対して、必要以上に多くのことを話すのは「質問の意図を理解していない」として、理解力を疑われてしまいます。

人柄アピールの方法2,ダラダラと話さない

質問に対して何を答えたら良いのか分からない就活生に多いパターンです。これは相手に配慮しない喋り方としてマイナス評価です。
こうした就活生は、答えがないのに「何か話さないと・・・」と慌ててしまい、答えを模索しながら場を繋ぐためにそれらしいことを話し出す傾向があります。ですが、何を言いたいのか分からず要点を得ないため、面接官もイライラしてしまいます。

人柄アピールの方法3,人柄アピールの方法3,カタカナ語を多用しない

ビジョン、ミッション、ソリューション、コンサルティング、ドラスティック、ウォント、マストなどビジネス用語にはカタカナ語が多いです。ですが、カタカナ語は非常に多義的で、就活生と面接官の双方が同じ意味合いで使用しているか微妙なケースが多々あります。
また就活生の中には、こうした単語を使えば企業受けすると勘違いしてしまっている人も非常に多いです。ですが、採用担当者からすると「煙に撒いている」という印象を抱きます。その単語の意味する所が不明確なため、何を言っているのか分からないためです。
発言の際には、「具体的に」「簡潔に・シンプルに」伝えることを意識しましょう。

人柄アピールの方法4,結論から先に伝える

面接官がいま何について話しているのか分からないと、アピール内容は半分も伝わりません。そのため必ず結論から伝えるようにしましょう。
たとえば「あなたの強みは何ですか?」という質問があるとします。これに就活生Aは「はい、行動力です。と言いますのも〜」と結論を最初に伝えました。
これなら面接官も続く話を「行動力についてのエピソードなんだな」と分かります。そのため就活生の話を聴く時も「この就活生は行動力があるのかどうか?」という気持ちで聴きますから、エピソードに筋が通っていれば「確かに」と納得感が生まれます(逆に言えば、筋が通っていなければ「全然違う」とマイナス印象を持たれるわけですが)
逆に「私は大学時代に〜のような活動をしていて、そこで〜のような実績を達成し〜」と長々とエピソード部分から語り、最後に「と言うわけで、私は行動力が強みです」とまとめたとします。この場合、それまでのエピソードが「行動力」の根拠となっていたのか、もう一回振り返らなければなりませんが、それはかなり難しいです。よって、面接官にも納得感が生まれません。

人柄アピールの方法5,笑顔と相槌に気をつける

基本的なことですが、笑顔と相槌は対話の最重要ポイントと言っても過言ではありません。
メラビアンの法則と言うものがあります。「良くも悪くも取れる発言の伝わり方は、見た目9割に依存する」というものです。つまり、それまでの態度が悪かったり言葉遣いが悪かったりすると、曖昧な発言は往々にして悪い方向へ理解されてしまうというものです。
就職活動でも似たようなケースはあります。アピール内容が如何に評価基準を満たしていようとも、外見や態度がマイナスなだけで落ちてしまう就活生も毎年出ます。
日常生活の対話を思い出してみて下さい。皆さんは笑ったり、相槌を打ったり、自然と身振り手振りが出たりする筈です。面接官が見たいのは、そうした就活生の姿です。ですので、等身大の対話で面接に臨むように心がけましょう。

人柄アピールの方法6,必要以上の敬語やマニュアル武装はしない

これは直近のコメントとも重なりますが、面接で必要なのは「等身大の対話」です。
多少の敬語の乱れを気にする面接官はいません。「私」を「僕」と言ってしまったくらいで落とされるようなことはありません。敬語は普段目上の人、たとえば指導教官やバイト先の先輩と接する程度で十分です。必要以上に敬語に気を遣うのは学生らしくないので印象的に良くありません。
同じ理由でマニュアル武装も止めましょう。たとえば一般的に「扉のノックは必ず3回、2回はトイレ」と言われます。ですが、採用担当者は2回だろうが3回だろうが気にしません。極論、社会に出た後でも普通にノック2回の社会人は沢山います。そうした細かいマナーに必要以上に気を遣った所で決して評価はされません。なぜなら、それは「あなたらしくない」からです。

「等身大の対話」によって素の就活生を評価しようとするのが面接なわけですから、マニュアル武装された就活生は大抵落選します。

人柄アピールの方法7,面接官を巻きこむ

面接は対話なわけですから、一問一答のように話す必要はありません。たとえば面接官に「こう思いませんか?」「私は〜が趣味なんですけど、◯◯様はやったことありますか?」のように対話しても全く問題ないわけです。
むしろ、一問一答のような話し方は普段していない為、大体の就活生が違和感を持ったまま臨んでいる気がします。たとえば「どう話を終わらせたら良いんだろう」のようにです。そのため、場の空気がぎこちなくなってしまいがちです。普段通りのスタイルで対話するためにも、面接官を巻きこんで一緒に盛り上がるくらいの感覚の方が丁度良いことが多いです。
そうすれば、あなたの人となりが非常に良く伝わり、他の就活生との差別化にも繋がります(周りにそうしたレベルまで踏みこんだ面接を実践している就活生は非常に少ないため)。面接官にも「傾聴力がある」「明るくて雰囲気の良い子だ」と好印象に繋がります。

面接の最重要選考基準「人柄」とはコミュニケーション能力!!面接官を巻き込んだ話をしよう

面接の最重要選考基準「人柄」とはコミュニケーション能力です。面接官を巻き込んだ話をするのが大事です。

もうお分かり頂けたかと思いますが、「人柄」とはつまり「一緒に話してみた印象」です。見た目などは勿論、話し方や表情など様々な点が絡んできます。そのため、どれか一つ気をつけたら大丈夫というものではありませんし、また自己PRなどでアピールできるものでもありません。普段の対話から上記のような点を意識しておくことが望ましいです。