面接の服装で女性が注意すべきマナーとは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接の服装で女性が注意すべきマナーとは

面接の服装で女性が気をつけるべきマナーをご存知でしょうか?
男性よりも女性の方は身なりを整えるのに長い時間をかけて準備をしますよね。
それは良い事ですし、なによりも見た目は大事です。
ここでは面接時の服装女性編で、女性の服装に関する注意点やマナーについてご紹介します。

面接で着用する服装の重要性とは?

suit-647415_640

就活において、女性の面接の服装は、意外に心を悩ませるテリトリー。
友達とのランチ、彼氏とのデート、学校への通学スタイル。そのどれにも当てはまることのない、女性の面接時の服装。
初めての就活だからこそ「どんな服装で行こうか」悩んでいる女性は、とても多いと思います。

~見た目でその人の印象が決まる!!~

「中身が大事だから、どんな洋服を着ても、結果は同じでしょ」そう思っている方はいませんか?
実は人間の印象は、見た目で9割程度、印象が決まってしまうと言われています。つまり残りの1割程度が、その人の中身。
就活では多くの学生が、少ない座席をめぐって争いを繰り広げることになります。
少しでも面接官に好印象をもってもらえるように、努力を重ねておくことは大事なプロセス。外見を磨いておくことも重要なのです。

面接の服装マナー1,茶髪や派手ピアスはNG!

時代はいくら変わっても、就活スタイルには定番と呼ばれるスタイルにはNGと呼ばれるスタイルがあります。
オシャレを気取った茶髪や派手なピアス、アクセサリー、シャツ。
出来ればフォーマル感を意識したい面接の服装ではやめておきたいもの。

~フォーマル感を意識した服装を心掛けること!~

公務員や日本に古くからある伝統を重んじる企業の場合、こういったNGな面接の服装の女性は嫌われてしまう印象があります。
やまとなでしこをイメージした日本的な美しさが、どの業界でも好感度が高いという印象があります。
思いきり個性を出したい面接や企業は別として、古くからある企業を受ける場合にはきちんとしたフォーマル感のあるレディライクな服装をセレクトしておくことが大切になります。

面接の服装マナー2,ジャストサイズのスーツを着ること!!

女性の場合、面接の服装では大きな二大テーマがあります。
それは颯爽としたパンツスタイルを選ぶか、レディライクなスカート姿を選ぶのか、ということです。
少し前ではスカートスタイルが主流でしたが、最近ではベンチャー企業や女性がバリバリ活躍をしている業界では、パンツスタイルなどの服装で面接に臨む女性も増えてきました。
どちらか迷った場合は、清楚で品のあるスカート姿が無難です。
パンツスタイルは担当者によっては、キツイ印象に捉えられる場合もあるようです。

~採寸をした上でボディーラインに合ったサイズを選ぶ!~

またどちらのスタイルにも言えるのが「自分の体型に合ったものを、キレイに着ること」です。
できれば採寸をしっかりおこない、ボディーラインに合ったサイズのスーツを着ることが大切です。

面接時に着用する女性の服装は清楚感で品のあるスタイルを意識すること!

憧れ企業の面接の服装は、とっても悩むものです。
スーツはハンガーにかけておき、嫌な臭いが付いていないか、シワだらけでないのか、面接前にはきちんと確認をしておくことが大切です。
度々着る場合には、少し値段をはらってクリーニングに出してあげ、適切なお手入れをしてあげることも、ステキな就活女性への近道です。

スーツは華美になりすぎず、紺や黒、ネイビーなどの落ち着いたカラーを選ぶことで、より品の良さがアップします。
バッグや黒は同系色のものを選んでおきましょう。
面接は短くて3分、長くても15分程度で終わることが多いもの。
印象をよりアップさせるために、見た目の美しさやケアにも心を払っておきましょう。