面接の王道に学ぶ!身に着けておくべきビジネスマナ—とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接の王道に学ぶ!身に着けておくべきビジネスマナ—とは

面接の王道に学ぶ!身に着けておくべきビジネスマナ—についてご紹介します。
面接の王道マナー、それは社会人なら身に着けている最低限のビジメスマナーともいえるでしょう。
就活生も学生ではなく、求職者です。
社会人になって必要なビジネスマナーを求められるのは必然です。

面接の王道マナー1,ながら動作に注意!

bridge-19513_640
面接の王道に学ぶ気をつけたいマナーとしてまず最初に紹介するのは、「ながら動作」をしないようにするということです。
ながら動作とは、その名の通り、何かをしながら何かをするということです。
たとえば会釈をしながら入室したり、「よろしくお願いします」と言いながらお辞儀をしたりするのはながら動作となり、マナー違反となります。

●一つ一つの動作を独立で行うように日頃から意識すること!

緊張するとついついながら動作になってしまうという方も少なくないですから、身体にしみこませるように練習を繰り替えしておきましょう。
ながら動作はすごくだらしなく見えて大きなマイナスポイントなりますから。
これがまず一つ目の面接の王道に学ぶ面接のマナーです。

面接の王道マナー2,お辞儀は45度の角度で!

面接の王道に学ぶ面接マナーとして次に紹介するのは、お辞儀は45度にするということです。
お辞儀の角度というのは意外に重要で、深すぎるとなんだかバカにされているような印象を受けますし、浅すぎるとあまりお辞儀している感じが伝わらないので、どちらにしても印象が悪くなります。
だからこそ、面接の王道でいうように45度でお辞儀をするのが適切になるのです。

●45度は浅すぎず深すぎないちょうどいい角度

45度のお辞儀は紳士的な感じや敬意を表している感じがするので、きちんとその角度を身に着けておきましょう。
これもながら動作同様意外に緊張するとこなせなくなるので要注意です。

面接の王道マナー3,正しい言葉遣いで話す

ごくごく当たり前のことでもありますが、正しい言葉で喋るようにするというのも、面接の王道に学ぶ大切な面接のマナーです。
言葉遣いから人は敬意を感じ、その人の人柄を読み取るものです。言葉遣いがめちゃくちゃでは良いことを話していてもその効力は半減してしまうでしょう。

●言葉遣いはその人の人柄を表わす!日頃からしっかり身に着けておくこと

自分のことは「私」、今日は「本日」、昨日は「さくじつ」、明後日は「みょうごにち」、もうすぐは「間もなく」など、ちょっとした言葉遣いをきちんと正しいものに矯正していきましょう。
言葉遣いもちょっとした焦りや緊張ですぐに戻ってしまいますから、これもまたしっかり時間をかけて身体にしみこませる必要があります。
ちょっとしたことではありますが、すごく大切なことです。これが面接の王道に学ぶ3つの目の面接マナーです。

面接の王道は最低限のビジネスマナー!本番までに身に着けておこう

以上、面接の王道に学ぶ面接時に気をつけたいマナ—のご紹介でした。
これらのマナー違反を犯してしまうと、それだけで印象はすごく悪くなりますが、逆にこれらのマナーを正しくこなせるようになれば、すごくしっかりした人物にみえて印象は自然とアップしていきます。

ですから、この機会に面接の王道に学ぶ面接マナーとして紹介してきた3つのマナーについてしっかり覚えるようにしてください。
早く身体にしみこませようとすればするほどきちんと染みついていきますから、今すぐにでもこれらのポイントに気をつけるように自分をかえていきましょう。