面接の結果がこない時の考え方と対処法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

面接の結果がこない時の考え方と対処法

面接の結果がこない時の考え方と対処法についてご紹介します。
面接の結果がなかなか来ないと不安ですよね。
ですが面接の結果がこない時には企業側の事情が絡んでいます。
と同時に、いくら待っても面接の結果がこない時も対処法をおさえておきましょう。

面接の結果がこない時の考え方とは??

06-02-19-808_640
面接の結果連絡がくるまでの期間は企業により異なりますが、一般的に3日〜1週間以内となっています。
しかし大企業では面接の結果連絡がなかなかこないとういことが多くあるようです。

●大企業は1週間以上!その他でも2週間は待つこと!

結果連絡がこない理由として挙げられるのが単純に選考に時間がかかっているからと考えられます。
大企業は内定者も多ければ面接官も多いので、選考に時間がかかるのは至極当然なことと言えるでしょう。
そのため大企業から1週間以上連絡がこなくても焦らずに待ちましょう。
その他の企業も1週間程度はかかると見て、最高でも2週間は待ってみてください。

面接の結果がこない時の対処法1,メールで問い合わせる

1週間、2週間と過ぎても面接の結果連絡がこないときはこちらから企業に問い合わせをしましょう。
その場合の連絡手段はメールを送るのがいいでしょう。
電話では少しの時間であれ採用担当を強制的に対応させることになるので、メールで連絡するのがベストです。

●直接的な催促はしないこと!遠回しな言い方がポイント!

問い合わせをするときは面接の結果がどうなったかとう直接的な表現を使用することはしないでください。
「面接の結果連絡はいつ頃でしょうか?」と尋ね、本来面接時に確認すべきところを申し訳ありませんと一言入れましょう。
採用担当によっては直接的な表現できかれることを嫌います。
連絡がこないことに不安な気持ちはわかりますがそこはぐっとおさえましょう。

面接の結果がこない時の対処法2,割り切る

面接の連絡結果がなかなかこないことで問い合わせのメールを送ったけど返事もないし連絡もこない、ということがあるかもしれません。
その場合は考えられることは、残念ながら不採用である可能性が高いです。

●問い合わせをしても連絡はない場合は不採用だと割り切って心を入れ替えよう!

もし内定合格者からそのような連絡があればすぐに対応し内定を伝えるのが常でしょうが。
不採用であった場合メールを確認しても忙しいという理由で後回しにされてそのまま忘れられている可能性があります。
そのため面接の結果問い合わせをしたけど連絡が来ないときは心を決めたほうがいいでしょう。
しかしいくら不採用とはいえそのような不誠実な対応をする企業は採用されなくてかえって正解かもしれません。

面接の結果連絡がこない場合は選考中の可能性を考え次の準備を進めておくこと

面接の結果連絡がなかなかこないからと言って決して不採用というわけではありません。
先にも述べたように単純に選考に時間がかかっている場合が多く、これはどの企業にもあてはまります。
そのため面接の結果連絡がなかなかこないからといって気を落とすことはありません。
優秀な人材が多くて選考に迷っているのだと前向きに捉えましょう。

あまりに悩んでいては他にやるべきことが手につかなくなってしまいます。
面接の結果連絡がこなくても2週間は待ち、その間は我慢しましょう。
連絡を待っている間は採用となることを信じ、自分のスキルを磨くことに専念してください。