面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由

面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由についてご紹介します。
面接の結果がなかなか来ないと就活生なら誰しもが不安になりますよね。
ましてや面接の結果連絡が遅い場合は「不採用」の確率が高いと言われています。
気持ちを新たにするためにも面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由を知っておきましょう。

面接の結果が遅いと不採用な理由1,採用の場合は早く確保したいと思うから

watch-828848_640

面接の結果が遅いと不採用の可能性が高くなる理由としてまず最初に紹介できる理由が、もし面接の結果が採用の場合はなるべく早く連絡して、なるべく早くその人を確保したいと思うからという理由です。
連絡が遅いとその間に、採用を出したい人に他の会社から採用の連絡が入り、そっちの企業に入ってしまう可能性もありますよね。

~採用者の確保が先決!不採用者は後回しにするのは妥当の判断~

だからこそ、採用の場合はこぞって早く連絡したいと思うものなのです。
その連絡に時間がかかり、不採用の方への連絡が遅くなるのです。
採用の方と違って早く連絡する必要もありませんからね。まずこれが、連絡が遅いと不採用である可能性が高いという一つ目の理由です。

面接の結果が遅いと不採用な理由2,補欠としてキープ

面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由として次に紹介する理由は、採用の方の補欠としてキープされているからという理由です。
キープされているなら合格になる可能性もあるではないかと思うものですが、だいたいのところで採用の人はそのまま採用となるものです。
ですからキープであっても不採用となることが圧倒的に多いのです。

~キープの多くは不採用の確率が高い!~

もちろん採用になることもまれにありますが、キープの場合は多くの場合で不採用となります。
ですからイコールして面接結果が遅いというのが不採用である確率が高くなるのです。あまり期待はしない方が無難でしょう。

面接の結果が遅いと不採用な理由3,不採用者には一斉に連絡する

面接の結果が遅いと不採用の確率が高い理由として、会社は不採用者には一斉に連絡しようとするからということもあげられます。
一斉に連絡して、一斉に書類を返却したりするのが会社です。ですから必然的に不採用者への連絡は遅くなってしまうのです。

~不採用者は一斉に連絡する方が効率的!~

つまり面接の結果の連絡が遅いということは、すでに不採用は決まっているけれど、全員の不採用を待っているから、なかなか連絡できないということなのです。
一人一人不採用が出る度に面接の結果を電話などで連絡していた手間ですよね。
ですから後でまとめてやろうとして不採用者には連絡が遅くなったりするのです。

面接の結果が遅い時は不採用だと割り切り次に向けて進む姿勢が吉!

面接の結果が遅い時には不採用である可能性が高いという理由についてはなんとなくお分かりいただけましたでしょうか。
もし面接の結果がなかなかこないということであれば、そこからはあまり期待せず、違う会社の面接に向けて動き出した方がよほど得策でしょう。

いつまでも期待してまっていて、それで不採用であっても時間を無駄にするだけですから。
連絡が遅い時には、「じゃあ不採用だ」と割り切って、気持ちを切り替え次に向けて進んでいくのが吉です。
勿論それは簡単なことではないでしょうが、期待して待っていてもあまりいいことはないので、なんとか切り替えてねるべく早く次に向かうことをお勧めします。