面接の結果待ちの方向け!一般的な時期と待たせる理由 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接の結果待ちの方向け!一般的な時期と待たせる理由

面接の結果待ちの方に向けて、一般的な時期と待たせる理由をお教えします。

結果待ちの間って、落ち着かなくて辛いですよね。

「あんなにうまく行っていたのに落とされたのか」と疑心暗鬼になることもあるでしょう。

今回は一般的な待たせる時期・理由を知って、少しでも安心して過ごしたい方に向けてお送りします。

面接結果待ちの方が知るべき事1,結果が来る時期とは

the-eleventh-hour-758926_1280

就活の終盤の最終面接を無事に終え、結果待ちをしている間は誰でも落ち着かないものです。
企業からの結果連絡の方法は企業によって違いがあります。

電話、メール、文書などのうち、採用の場合は直接電話がかかってくることが多いようです。

メールや文書などの場合は、一般的には不採用のケースが多いと言われていますが、企業によっては、メールや文書で採用のお知らせが来る場合もあります。

それでは結果待ちにはどのくらいの日数がかかるのでしょうか。

◆面接の結果が伝えられるのは3日から1週間程度が多い!!◆

面接結果の日数も企業によって違いがあるので、一概には言えませんが、3、4日のケースが最も多いようです。

しかし、1週間程度かかる場合も多くあり、いつまでという期限はありません。

面接結果待ちの方が知るべき事2,面接結果が遅い理由

よく言われているのが、1週間以上経過しているのに面接結果の連絡が来ない場合は、不採用の事が多いという内容です。

確かに、採用される人には企業から早く連絡があるともいいます。

企業側からすると、優秀な人材は早く確保しておきたいという目的があるからです。

しかし、結果待ちに1週間以上かかっても採用になる場合もあります。

◆面接結果がなかなか来ない時は企業側で結論が出ていない場合もある!!◆

採用する企業側で結果が分かれていたり、社長の不在などで時間がかかっている場合も考えられます。

また、別の人材の面接が進行中ですべての就活生を見てからでないと判断できないという企業の事情がある可能性もあります。

結果待ちの日数が長いからといっても不採用とは限りませんので、あきらめずに待ちましょう。

面接結果待ちの方が知るべき事3,結果を企業に問い合わせても良い

LIG75_denwawokakerudansei1194500
企業によっては、面接の結果待ちにかかる目安の日数を教えてくれるところもあります。
しかしそれより長く結果待ちに時間がかかる場合はどうしたらいいのでしょうか。

◆ある程度の日数が経過したら企業に問い合わせても構わない!!◆

面接を受けた企業からあらかじめ結果連絡の日数を聞いていて、その期間を過ぎてるのに全く連絡がない場合は、電話などで直接問い合わせても構いません。

企業側からどのくらいかかるか聞いていない場合は、10日以上程度待ってから問い合わせるようにしましょう。

電話で連絡する時は、人事担当につないでもらい、採用の件での問い合わせであることを丁寧で明確な言葉で伝えるようにします。

電話で問い合わせをしにくい場合は、メールや文書で結果を確認する方法もあります。

その場合は、マナーをわきまえた内容を心かけましょう。

面接の結果待ちの時に問い合わせる場合はポイントを押さえて!丁寧にマナーを守る!

面接の結果はどんな人でも気分が落ちつかないものです。

企業からの連絡は、電話やメール、文書のいずれかの方法で行われますが、採用の場合は電話で連絡が来るケースが多いようです。

結果待ちにかかる日数は、3、4日が最も多く、次に一週間のいうケースが多い傾向にあります。
しかし企業の事情によっては、1週間以上かかる場合もあるので、結果待ちに時間がかかっても不採用とは限りません。

企業側から聞いている面接結果の日数を過ぎている場合や、企業から日数について聞いていないけれど10日程度経過している場合は、企業側に選考の結果について直接問い合わせても失礼ではありません。

問い合わせる場合は、マナーをわきまえた内容で明確に伝えるようにしましょう。