面接の結果連絡が遅れる3つの理由 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接の結果連絡が遅れる3つの理由

面接の結果連絡が遅れる3つの理由をお教えします。
面接の結果連絡が遅くて、「なかなか来ない」と不安になる人も多いのではないでしょうか。
面接の結果連絡が遅れる3つの理由を知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。ぜひ、今のうちに確認してください。

面接結果の連絡が来る期間とは?

clock-650753_640
面接を行った後、当然結果の連絡を待ちますが、この時間は何をしていてもそわそわしていまうものです。
少しでも結果連絡が遅れるようものならもしかして落とされたのでは!?という不安がめぐるのが人の心理でしょう。

しかし果たして連絡が遅れたからといって本当に落とされたこのになるのか?気になっている人も多いと思うので、今回は面接の結果連絡が遅れる理由についてご紹介します。

~面接後の結果連絡は企業ごとに異なる!!1週間から1か月ほどの期間~

まず、通常面接後の結果連絡は企業ごとに異なります。

1週間と言われれば1週間、1ヶ月と言われれば1ヶ月を目安に考えましょう。
速いところでは翌日なんてところもあります。

しかし新卒の面接に関しては、何人もの新卒者を面接し審議にも時間がかかるので、1ヶ月ほどが多いのではないでしょうか。

面接の結果連絡が遅れる理由とは?

ここで本題に入りますが、面接の結果連絡が遅れている理由には下記のことが考えられます。

・選考結果の承認や決済を得るのに遅れがでている
・面接結果連絡が滞っている
・連絡を忘れられている
・落ちたのに連絡を忘れられている

以上が考えられる理由となります。

~応募者多数だと時間がかかる!!連絡忘れの場合は信頼性が欠ける企業~

この中で1番可能性があるのが選考結果の承認や決済に時間がかかっている場合です。
応募者に優秀な人材が多い場合や、単に承認が遅い場合などにこのようにして連絡結果が遅れることがあります。

そして次に多いのが結果連絡が滞っている場合です。
企業により人事の人でも限られてくるので、ある程度しょうがないとみるしかないでしょう。
あとの
2つの理由にいたってはほぼありませんが、このような連絡を忘れる会社であると信頼性にかけるところです。

面接の結果連絡が遅い理由は企業の都合!!

面接の結果連絡が遅れることにより落とされたのではないかという不安を抱きますが、連絡が遅れる=落とされたでは決してありません。

前項であげた理由をもとに考えると、面接の結果連絡が遅れているのは企業の都合の場合がほとんどであるため、採用か不採用かは連絡の遅れでは判断できないでしょう。

~結果連絡が遅くても落ち込まないこと!!頭を切り替える~

そのため面接の結果連絡が遅れているからといって落ち込む必要はありません。

基本的に新卒の採用不採用連絡というものは採用者に優先的に連絡をするのではなく、定められた期間に採用不採用関係なく一斉に連絡がいきます。
そのため現在面接の結果連絡が遅れているという人は落胆せず、単に結果連絡が遅れているのだと頭を切り替えて前向きに考えましょう。

面接の結果連絡を待っている間にすることとは?

果報は寝て待てとよく言いますが、これは結果を待っている間にじたばたしても仕方がないということわざであり、本当にだらけて待っている必要はありません。

~採用を信じてスキルアップを図る!!有意義な時間を過ごそう~

面接の結果連絡を待っている間は、採用されたことを信じて入社後に備え自身のスキルアップをするほうがよほで生産的です。
面接の結果連絡を待っている間は、資格取得や人材育成講座等を受講するといいでしょう。

面接の結果連絡が遅れるのは企業の都合!!採用を信じ有意義に過ごそう

面接の結果連絡が遅れるのは企業の都合です。

面接の人数が多い場合には連絡は遅くなります。採用人数が多くて連絡が滞る場合もあるのです。

採用を信じ有意義に過ごしましょう。

面接の結果連絡が遅れていて、不安になっていた人はその不安が和らいだのではないでしょうか。

面接の結果連絡が遅れているのは決して落とされたからではないので、それを胸に留めておき前に進むことを考えましょう。