面接の練習での効果的な方法3選 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

面接の練習での効果的な方法3選

面接の練習での効果的な方法3選をご紹介します。
面接は就活生にとって避けては通れない関門です。
事前対策としては面接の練習が必要不可欠です。
振舞い、話し方、話す内容、アピールの仕方などなど……。
ここでは効果的な面接の練習方法は3つに絞って説明していきたいと思います。

面接の練習1,志望度の高くない企業も受ける

push-ups-888024_640

効果的な面接の練習として一番おすすめなのは、あまり興味のない企業であってもとにかくたくさん応募することです。
なるべくできる限りたくさんの企業で面接を受けるようにするということです。
面接の何が一番やっかいかというと、あの独特の雰囲気と、予想だにしない質問でしょう。

~場数を踏んで面接の雰囲気になれる!~

志望しない企業でもたくさん面接を受けることで、そうした雰囲気にも予想だにしない質問にも慣れることができるようになります。
次第に面接を苦に思わなくなっていくはずです。
これ以上の面接の練習方法はなかなかありません。使えるものは何でも使って第一志望の内定を勝ち取りましょう。

面接の練習2,一人模擬面接の動画を撮る

一人模擬面接を動画で撮るというのも効果的な面接の練習方法と言えるでしょう。
一人で面接の練習を意味がないと思う方もいるかもしれませんが、動画で見てみるとひとりでもなんだか身体がふらふらしていたり目線が定まっていなかったりという欠点に気が付くものです。

~客観的な視点で自分自身を見ることができる!~

これは動画で自分の目で見てみないとまず気が付かないことです。
そういう印象はすごく大切なので、この練習は大変に効果的な面接の練習と言えるのです。
部屋への入り方のマナーですとか、しゃべり方、目線、そういういところに着目して、自分の所作が印象良くなるように練習していきましょう。

面接の練習3,面接セミナーに参加する

面接セミナーに参加するというのも効果的な面接の練習と言えるでしょう。
面接はフィードバックがありません。
動画をとれば自分で気がつく欠点は見つけられますが、それはあくまでも自分で気が付く見た目の欠点で、受け答えの内容の欠点などは見つけることは出来ません。

~第三者の視点でフィードバックを受けることが可能~

それは第三者にフィードバックしてもらうことでしか昇華されていきません。
だからこそフィードバックをくれる面接セミナーが効果的な面接の練習となるのです。
それが集団面接形式にも対応してくれるところであればまわりの大体のレベルや同世代の就活生の雰囲気も分かりますし、非常に効果的と言えます。

面接の練習を繰り返して緊張を緩和させるコツをつかもう!

効果的な面接の練習としては以上の通りになります。
筆記試験などとは違い、面接では練習のし過ぎで損をするということはまずありません。
就活の中で何よりも大切なのが面接ですし、どれだけ準備しても、準備のし過ぎということはないでしょう。
ですから、これらの効果的な面接の練習を参考にじっくり時間をかけて準備をしていくと良いでしょう。

準備の期間の長さは分かりやすく自信にもなるので、緊張の緩和にも役立ちます。
緊張してしまうとどうしても声が小さくなったり受け答えで思ってもいないことを言ってしまったりすることも多くなるので、緊張しなくなるというのはすごく嬉しい副産物です。ぜひたっぷり面接の練習をしていってください。