面接の辞退を連絡する際に押さえるべきマナー | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接の辞退を連絡する際に押さえるべきマナー

面接の辞退を連絡する際に押さえるべきマナーをお教えします。
面接の辞退を連絡する時は緊張しますよね。でも、押さえるべきマナーを知っていれば自信をもって面接の辞退ができますよ。
ぜひ、面接の辞退を連絡する際に押さえるべきマナーを知って、気持ちよく辞退しましょうね。

面接の辞退の連絡は可能な限りスピーディーに!!

magnifying-glass-633057_640

企業は学生を面接するために、会場の準備、面接担当者のスケジュール調整などをしています。面接の辞退の連絡が遅くなればなるほどに、企業に無駄な手間をかけさせることになります。

また、他の応募者が面接を受けるチャンスを奪うことにもなります。辞退を決意したなら早めに連絡しましょう。早いほうが気分的にも楽に連絡できます。

~面接辞退の連絡をせずに無断欠席するのは絶対にダメ~

ときどき、大学の試験を欠席するのと同じ感覚で、面接を欠席する学生もいます。しかし、就職活動においては学生も社会人と同様の倫理観を持つことが求められます。
連絡することを投げ出し、辞退扱いしてもらえることを期待するのではなく、必ず自ら辞退の連絡をするようにしましょう。

面接の辞退の連絡方法は相手に合わせて選ぼう!!

面接の辞退の連絡は基本的には電話で行うべきです。電話なら、メールとは違って確実に相手に連絡が伝わりますから、連絡が遅れて企業に余計な手間をかけさせたりせずに済みます。

また、反省の気持ちが直接伝わりますから、すんなりと企業に辞退を受け入れてもらえます。

~メールによる面接の辞退連絡が好ましい場合もある!!~

企業によっては電話ではなく、メールを主なコミュニケーション手段にしている場合もあります。

その場合に電話で辞退の連絡をしてしまうと、もう一度メールで連絡してほしい、などと言われて二度手間になります。今までその企業から電話連絡が来たことがあったかどうかを思い出し、全く無ければメールで辞退の連絡をしましょう。

面接の辞退の連絡で伝えるべき内容とは

面接の辞退の連絡の際は、次のような内容を含めるようにしましょう。

1.自分の名前、自分の所属
2.予定されていた次回の面接日程
3.辞退するという意志表明
4.辞退することへの謝罪

連絡の際は担当者が忙しくない時間帯を狙いましょう。午前10時前後、午後4時前後が一般的に余裕のある時間帯とされています。

~面接辞退の理由は聞かれたら正直に答えること~

辞退の理由を聞かれても、一身上の都合だと言い返せばよいと言う人も多いです。しかし、正直に理由を伝えても、引き止められたり、トラブルになったりするわけではありません。

むしろ、正直に理由を教えたほうが誠実さが伝わり、すんなり辞退できますし、応援のメッセージがもらえることもあります。

面接の辞退の連絡は他社から内定を得た後にすること

people-690810_640

遅れるほどに企業に余計な手間をかけさせてしまいます。

連絡方法は基本的には電話を選ぶべきですが、メールを主なコミュニケーション手段としている企業に対してはメールでもOKです。

辞退連絡の際、理由を聞かれたら正直に答えるほうがおすすめです。一身上の都合などと言うよりもすんなりと辞退できます。

~内定を得てからの方が気持ち的には余裕がある!!崖っぷちに立たないようにする~

最後に、まだ内定を得ていない場合は安易に辞退しないようにしましょう。

志望順位の高い企業の最終面接で立て続けに落ちて、他社を辞退したことを後悔する就活生もいます。面接を辞退するのは内定を得てからと覚えておいてください。

面接の辞退を連絡する際に押さえるべきマナーまとめ

面接の辞退を連絡する時はスピーディに行いましょう。また、メールか電話で迷ったら相手にあわせて連絡手段を変えるのもマナーのひとつです。

また、崖っぷちに立たされて4月からの行き場を無くさないようにするためにも、他社の内定はキープしておくのが得策です。

辞退の理由も正直に答えておきましょう。マナーを押さえて、効率的に就職活動を進めましょうね。