面接を受ける際の服装と靴に関するマナー | 新卒就活.com

2015/11/02更新

面接を受ける際の服装と靴に関するマナー

面接を受ける際の服装と靴に関するマナーをご紹介します。
企業の採用試験で面接に望む場合、服装は非常に重要なポイントとなります。
中でも靴に関しては必ず面接官や採用担当がチェックする部分だといえますし、全体のコーディネートも印象を大きく変えてしまうことになります。

面接に相応しい服装とは?

funny-629675_640
採用試験の面接に相応しい服装や靴というものは、やはりビジネスマナーに則った基本に忠実なものが最も適しているといえます。
これは男性でも女性でも同じだといえますし、基本から大きくかけ離れた服装はやはりあまり良い印象を与えないと考えて間違いないといえます。

~黒や濃紺やグレーが適切な色・シャツも白以外はNG!~

そのため面接で悪い印象にならないためには、男性の場合の服装は落ち着いた色の黒や濃紺のリクルートスーツ、女性の場合も黒や濃紺、もしくはグレーなどのジャケットとスカート、もしくはパンツスーツを選択することが最良の選択だといえます。
中に着用するシャツやブラウスに関しては、基本は男女とも白となりますので、カラーシャツなどの着用は絶対に避ける必要があるでしょう。

面接に相応しい靴とは?

面接での服装に気をつけていたとしても、やはり靴がその服装に伴っていなければ全てが台無しとなってしまいます。
面接における靴は重要なチェックポイントといえますし、これは社会人になってからも訪問先などでチェックされる場合があるため、靴選びは非常に慎重に行なう必要があります。
基本的には男性は黒の革靴、女性はヒールの高くない黒のパンプスが基本となりますので、茶色などの色物は履かないようにしたほうが良いといえます。

~男性は黒の革靴・女性は低いヒールの低い黒のパンプス~

ただし黒の革靴やパンプスなら大丈夫と考えるのは大きな間違いで、その靴の状態にまで気を配らなければいけないといえます。
面接において服装の乱れだけでなく靴の傷みや汚れは印象を悪くする場合が多いため、面接時には綺麗な靴で臨むほうが良いといえます。
かかとが磨り減っているものや、色が剥げている靴はあおれだけでマイナス印象になると考えましょう。

面接で履いてはいけない靴とは?

面接で重要となる服装や靴ですが、絶対に履いてはいけない靴とはどのようなものなのでしょうか。
まずスニーカーに関しては絶対にNGですので、もしスニーカーで面接に臨んだ場合はそれだけで印象は最悪、マイナス評価になると考えましょう。
革靴タイプのスニーカーや、逆に最近増えているスニーカータイプの革靴なども履いてはいけない靴だといえますので、その点にも注意しましょう。
サンダルやミュールといった靴もNGとなりますし、スリッポンタイプの革靴なども履いていくとマイナス評価になると考えましょう。

~革靴とパンプス以外は基本的にNG!!~

基本的にスーツに合わせるわけですから、革靴やパンプス以外は選択肢がない位に考えても良いといえます。
面接というのは目立つことが目的ではなく、企業と面と向かって自分の中身を見てもらう場所なのです。
服装や靴は基本に忠実にが面接で必要な服装や靴になるといえるでしょう。

面接を受ける際の服装と靴で重要なのは清潔感!手入れを怠らないこと

以上、面接を受ける際の服装と靴に関するマナーについてご紹介してきました。
面接での服装や靴は第一印象を決定付けるものですので、出来るだけシンプルで爽やかに見えるリクルートスーツに革靴がベストチョイスとなります。
そのことをしっかり頭に入れて、基本を抑えた服装や靴で、乱れや汚れなどがない状態で面接に臨むようにしましょう。