面接を突破のために”絶対”必要な自己分析のやり方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接を突破のために”絶対”必要な自己分析のやり方

就職活動で避けては通れない面接を突破するためには自己分析は欠かせない作業です。
面接では様々な事を質問されます。「なぜそんなことをきくの?」と思ってしまう質問もあります。
しっかりした自己分析ができていないとこれらの質問に答えられません。自己分析は就職活動において最も大切なものです。

面接で自己分析が必要な理由とは?

decisions-407750_640
面接官は実に答えにくい質問をしてくるときがあります。
「座右の銘は?」「好きな言葉は?」などであれば簡単な質問ですが、
「あなたを動物で例えると?」「あなたを車のパーツで例えると?」など、緊張している面接の場ではなおさら、返答に困ってしまう質問もしてきます。
なぜ面接官はこのような質問をしてくるのでしょうか。

●対策しようのない質問で就活生の本来の姿を見出す

昨今、書籍やインターネットを通じて、多くの面接対策マニュアルが出回っています。
質問一覧集、自己分析のやり方、自己PRのテンプレート、志望動機のテンプレートなどなど。
おかげで学生の返答の質が上がりはしましたが、同じような返答ばかりが目立つようになってきました。
そこで面接官は、事前対策のしようのない質問をすることで、その人の本当の姿を見ようとしているのです。
うまく答えるためには、自己分析をしっかり行い、自分自身をしっかり理解することが大切になります。

自己分析で確認するべき3つのポイント

では面接で必要な自己分析で確認するべき3つのポイントとはなんでしょうか?以下で確認してみましょう。

●自分の強み弱み
●目指す人物像
●どのように会社や社会に貢献したいか

自己分析では上記の3点を知ることができれば、おおよその面接の質問に対応できます。
しかし単純に上記3点の項目を確認するだけではいけません。
なぜそうなのかと言うと、過去のエピソード、周りからの意見など、包括的に自己理解しておく必要があるからです。

●客観的な意見を取り入れて包括的に自己理解をしよう!

例えば、自分の強み弱みが「前を切れるリーダーシップがあるが、独断的である」とします。
なぜそう思ったのかの根拠、エピソード(成功体験と失敗体験)、周りにどのような影響を与えたのか、動物で例えると何になるのか、色で例えると何になるのか、独断的な自分を将来どのように直していくつもりなのか。
そこまで深めて、初めてあなたの強み弱みが面接で話せます。
このように自己分析を深める、と面接官の難しい質問も、事前に対策をしなくても答えられるようになります。
「あなたを車のパーツで例えると?」と聞かれても、余裕を持って「前方を強く照らすヘッドライトです。」と答えられるでしょう。

面接質問集を参考に自己分析をする

インターネットからでも拾える面接質問集を参考に、自己分析を行うと効果的です。
例えば「残業はありますが大丈夫ですか」の質問を軸に自己分析をしましょう。

「自分は残業は全く気にならない」のであれば、それはなぜでしょうか。
「仕事をバリバリこなしたいから」であれば、それはなぜでしょうか。
「早く仕事を覚え、戦力になりたいから」であれば、それはなぜでしょうか。
「当社の売り上げを上げたい」であれば、それはなぜでしょうか。
「仕事をするからには、自分の会社を業界1位の売り上げを誇る会社にしたいから」

●自己分析で一番重要なのは自問自答を繰り返して深掘りをすること!

「残業はありますが大丈夫ですか」の質問をきっかけにあなたの気持ちをここまで引き出せます。
もしかしたら1位にこだわるエピソードがあなたの過去にあるかもしれません。自己分析が進みますね。
今回は分かりやすい例にしましたが、このように自分の架空の返答に対して「それはなぜだろう」と自問自答することで、自己分析が進めやすくなります。

何度も何度も自問自答し、本当の自分を見つける事で、面接の難しい質問にも難なく答えていけるようになります。

面接に必要な自己分析で重要なのは自問自答を繰り返して返答を深掘りしていくこと!

面接官が難しい質問をするのは、何も意地悪でしているのではありません。本当のあなたを知りたいだけなのです。
つまりそれはあなたに興味をもっている証拠です。しっかり自己分析をすることで、余裕を持って面接に望めます。
いい循環の就職活動をするために、自己分析をぜひ大切にしてみてください。

合わせて読みたい!!

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

【完全保存版】OB訪問で聞いておきたい質問BEST 34選!

逆質問攻略!「最後に何か質問はありますか?」のうまい切り返し方法