面接カードの書き方で押さえるべきポイント3選 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接カードの書き方で押さえるべきポイント3選

面接カードの書き方で押さえるべきポイント3選をお教えします。
面接カードを渡されて書き方が分からなくて戸惑う人も多いのではないでしょうか。
面接カードの書き方を知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。
ぜひ、面接カードの書き方が分からない方は確認してください。

就活で重要になる面接カードとは?

flower-399409_640
就職活動を行う上で重要な項目となるのが面接です。

この面接は避けては通れないことで、採用されるかどうかの大きな別れ道になると言っても過言ではありません。

面接試験の前には、面接カードを提出することになります。これは、面接官が質問をしたいと感じることを項目にし面接官に提出するものです。

~面接官が質問しやすい書き方にするのが重要!!~

書き方によっては、面接官が質問をしやすくなったり、またどのようなことを質問して良いのかわからなくなったりします。
面接カードは、面接官が質問するであろう項目を考えて記入するものです。つまり、自分の考えだけで記入することは避けなければなりません。面接官が読みやすく質問しやすいような書き方にしておくことがとても重要となります。

就職を左右する面接カードの記載方法とは?

面接カードの書き方のポイントは、その業種により異なる場合がありますが、基本的な書き方はしっかり勉強しておくことが重要です。

~いい加減な記載をしない~

まず、文字は必ず自筆で綺麗に記載しましょう。文字で第一印象は決まります。またいい加減な記載内容にするのではなく、自分自身を理解してもらうように真実を記載することが重要です。

~アピールポイントは惜しまずに書く~

面接カードだけで自分を知ってもらうことは難しいことです。

ここぞという記載ポイントでは端的にしっかり自分をアピールできる書き方を学ぶことが重要です。

~書きすぎないこと~

書き過ぎることもまたよくない場合があります。面接官が質問しやすいように、内容を一部ぼかすことも重要になります。

面接カードからアピールを始めて内定確率を高める方法

面接カードの記載内容がポイントとなり、就職をすることができたという例は少なくありません。

それほど、面接での試験は重要なのです。学習能力も重要となりますが、日々の業務で大切なのは協調性やリーダーシップ能力といった人同士の関係です。

~将来のビジョンがあり会社への貢献度をアピールする~

面接カードの書き方は、この協調性やリーダーシップ能力を試されていることもあります。
つまり、これからどのような業務を行って、どのような人材に成長していきたいのかといった書き方を重視することで、面接官の興味を引くことになります。
そして、将来のビジョンを持っているという人材はその会社にどのような貢献をしてくれるのかが分かる人材でもあります。

記載方法には十分注意し、時間をかけて内容を考えることをお勧めします。

面接カードは書き方次第で内定の確率が変わる!!会社への貢献度をアピール

面接カードは書き方次第で内定の確率が変わります。会社への貢献度をアピールする格好のスペースなのです。

書きすぎることなく、面接官が質問しやすいような書き方にするのがベストです。

面接カードを記載する前にもう一度記載する項目を確かめてください。
さまざまな項目がありますが、まずはその項目全体を眺めることで、自分の今まで行ってきた勉強や経験、そして能力などを再確認できるはずです。

基本的には正解の書き方はありません。正解がないからこそ、面接カードの記載は難しいとされているのですが、正解がないからこそ個性を発揮できる物でもあります。

就職活動で重要なことは経験です。人間同士で試験を行い、合否を決めるのですから失敗した経験をもとに書き方を工夫していくことで就職活動のレベルがどんどん上がっていきます。
失敗を諦めることなく、むしろその失敗を大きな自分の経験として就職活動を行っていくことが重要です。