面接カードの重要性と記入時の注意点 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接カードの重要性と記入時の注意点

面接カードの重要性と記入時の注意点をお教えします。
面接カードの重要性と記入時の注意点を知っていれば就職活動をスムーズに進める事が出来ます。
どうしても志望企業に内定したい方は面接カードの重要性と記入時の注意点をチェックして、本番に臨みましょう。
就活生は要チェックのページです。

面接カードの重要性を知ろう!!

pen-631321_1280
面接カードとは公務員試験で一次試験を合格した人が提出する、いわば公務員のエントリーシートといったものです。

そのためエントリーシートと同様に面接カードには氏名や住所、学歴や志望動機といったものを詳細に記載することになります。

~面接カードを適切に記入しないと人事担当への印象が悪い~

面接カードの記入が適切ではなかった場合、それをチェックする人事担当や面接官に与える印象が非常に悪いものになってしまいます。

面接カードには印象を良くするための書き方、貼り付ける写真、用紙そのものの取り扱いといったポイントがありますので、それらを十分に理解して提出をするようにしましょう。

面接カードに記載する内容は特に注意!!やる気を見られている

面接カードの内容を記載する場合、その内容には十分注意が必要です。

氏名や学歴以外に学生時代に打ち込んだこと・学生生活で印象深かったこと・学業以外で力を注いだことといったあまり見ない項目も面接カードにはありますが、これらの項目は意外と人事などがチェックを入れる項目だといえます。

~内容が希薄だと学生時代の内容も希薄だと白状するようなもの!!~

この項目が希薄な内容の場合、学生生活の内容も希薄だったと自分で白状しているようなものですので、
その人のやる気や意欲というものがこの項目でわかるようになります。
志望動機や長所・短所に関しても漠然とした内容だとやはり印象が薄い、あまり特徴がない人間といった判断を下されることになりますので、その点もきちんと考えて記載する必要があります。

面接カードに内容を盛るのは厳禁だと知りましょう!!

面接カードに記載する内容に関して最も注意しないといけないのが、印象をよく見せようとするあまりに、
内容を盛って書いたりウソを書いてしまうということです。

~嘘の情報や盛って記入した内容は突っ込まれるとばれてしまう!!~

ウソの情報や盛って記入した内容は、面接などでそこを追及されるとまずばれてしまいますし、そもそもウソや盛った内容を記載するその態度が問題となります。

そのためそういった記載があればまず採用はされないといえます。誤字脱字に関しても面接カードをそれに気づかずそのままにして提出してしまうと、やはりあまり良い印象は与えませんからそういった点も見逃さないように注意が必要です。

面接カードに貼る写真にも気を配りましょう!

面接カードに貼る写真は、その人の印象を決定付けるものとなる場合があります。そのため私服の写真や暗い印象の写真は避け、
好印象に見える写真を選んで貼る必要があります。

~面接カードの用紙の取り扱いにも注意!!マナーを守ろう~

用紙の取り扱いもしわしわの用紙で提出するのはやはり失礼に当たりますし、印象を損なう恐れがあるので避けたほうが良いでしょう。

このように面接カードの提出には記載する内容、使用する写真、用紙の取り扱いといったように注意しなければいけないポイントがたくさんありますので、気を抜かず出来る限り慎重に面接カードの記載や保管、そして提出を行なう必要があるでしょう。

面接カードの重要性は高い!!記入時には正しい情報を書こう

面接カードの重要性は高いです。記入時には正しい情報を書きましょう。

上記を参考に、今後の就職活動をうまく切り抜けましょう。今後の参考にしてください。