面接トレーニングの効果的な方法3選 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接トレーニングの効果的な方法3選

面接トレーニングの効果的な方法3選をまとめてお教えします。
面接の本番、選考を突破するためには面接トレーニングは欠かせません。
しっかりと選考突破して結果を残すためにも、面接トレーニングはしっかりと行っておきましょう。迷える就活生には必見のページです。

面接トレーニング法1,モギメン

10-01-21-115_640

もっともお手軽にできてしかも効果的な面接トレーニングは、面接を録画することです。
近年、スマホが普及したので、面接を録画することも簡単にできるようになりました。録画して確認すると、自分のダメさ加減が恥ずかしいくらいによくわかります。

具体的な方法としては、マイナビの「リアル面接シミュレーターモギメン」を使いましょう。

~面接トレーニングでは3つのポイントを必ず確認すること~

これは面接でよく聞かれる質問を、面接官が動画で聞いてくれる面接シミュレーターです。そして、質問に答える姿を携帯で録画しチェックします。以下のポイントに着目して映像を見てみましょう。

背筋は伸びているか
胸をはれているか
声は十分大きいか?自信を持っているように聞こえるか

自分の姿を客観的にみるだけで、非常に効果的な面接トレーニングの方法です。

面接トレーニング法2,模擬面接

就職活動の面接が学科試験と違うのは、どこが悪いのかがわからないまま、不合格という結果だけが伝えられることです。

面接を受けても、わかるのは「お祈りされた」ことだけで、自分の何が悪かったのかわかりません。

課題がわからないため、次の面接に向けて何をしていいかわからない、何も向上しない、そんな不安な状態ではないでしょうか。

しかし、模擬面接であれば、どこが悪いのか、細かく指摘してくれますので、この問題は解決します。

~プロのキャリアカウンセラーが面接してくれる場合も!!~

これも、面接トレーニングの方法の一つです。学校やセミナーでプロのキャリアカウンセラーが模擬面接をしてくれることがありますので、是非参加してみましょう。

自分の何が問題なのか具体的に指摘してもらえるので、課題がわかり、前向きな努力ができるようになります。

課題を理解し、しっかりと対策をすれば、闇雲に頑張るよりもずっと効率があがるでしょう。

模擬面接が難しいなら、社会人の先輩に面接を見てもらうのもアリです。

面接トレーニングとして模擬面接の機会を積極的に探して参加してください。

面接トレーニング法3,本番で回数をこなす

magnifying-glass-633057_640

本番にまさる練習はありません。スケジュールに余裕があるなら、どんどん面接を受けましょう。

こちらの方は、本番ですので、前述のように悪いところを指摘して貰えるわけではありません。しかし、面接トレーニングの方法としては、この上ない効果的な要素を持っています。

何かというと、経験です。本番ですので、甘えは許されません。厳しい状況で実際の面接を受けることで、間違いなく力はつきます。

~面接の経験値を積めば本番でも自信をもって臨める!!~

面接の本番をこなすことで、「こんな風にこたえると面接官にうける」「この話題は多くの面接官が顔をしかめた」などの、あなたなりのノウハウが見つかってくるはずです。

ベンチャーや中小企業は、筆記試験などもなく、エントリーシートの選考も緩いので、選考を受けやすい。だから、これらの企業を受け、面接本番で面接トレーニングを行い、面接の経験値を積んでおきましょう。

さらに、せっかく本番の面接を経験できるのなら、本番の面接も録音して聞き直してみましょう。さすがにビデオで記録を残しておくことはできませんが、ポケットにスマートフォンを忍ばせておき、面接を録音しましょう。携帯をマナーモードにしておけば、バレる可能性はゼロ。ただし、決してその録音をネットにアップロードするようなことは辞めましょう。あなたが聞く分には誰にも迷惑をかけません。

これもとても効果的な面接トレーニングの方法です。きっと、びっくりするくらいしどろもどろで、弱々しい声で話していると思います。このリアルな姿がわかれば、効果的に対策をとれるようになります。

いくつか面接トレーニングの方法を挙げましたが、自分の様子を客観的に見ることができるよう、是非おためしください。

面接トレーニングの方法はモギメン・模擬面接・回数をこなすこと

面接トレーニングの方法はモギメン・模擬面接・回数をこなすことの3つです。

面接がなかなか突破出来ずに苦しんでいる方は、ぜひ、3つの方法をお試しください。本番に向けて自信をつけましょう。