面接中によくある失敗とその対処法 | 新卒就活.com

2016/08/26更新

面接中によくある失敗とその対処法

面接中によくある失敗とその対処法とは何かをお教えします。なかなかすべてが上手く行く面接というのはないものですよね。決定的な失敗にはどんなものがあるのかを知り、対策を練ってから今後の就職活動に活かしましょう。面接が苦手な就活生は必見です。

面接中によくある失敗とは?

job-interview-437026_1280

よくある失敗の例としては、緊張から頭がうまく回らなくなったというものです。
例えば質問とは関係のない回答をしたり、緊張しずぎて頭が真っ白になり何も答えることができなかったり、座るタイミングなど基本的なマナーで失敗したりなど、冷静な状態であれば考えられないような事をしてしまうケースもあります。

◆面接中の度を越えた緊張は企業からの反感を買う!!◆

就活生からある程度の緊張が見られることは誠実さと学生らしさが感じられ、企業側からは好感が持たれるといいますが、度を越えてしまうと逆効果になります。
緊張のあまりうまく回答できない場合、精神的に弱いと感じられてしまうからです。
面接の時は緊張していてもハキハキとした態度で笑顔を見せ、自分からコミュケーションをとる気持ちで挑みましょう。

面接での失敗とはマニュアル通りの回答をしてしまうこと!!

緊張以外にある失敗としては、マニュアル通りの面接イメージしかなく、全く違う質問をされたことでパニックになって失敗してしまう例などがあります。
企業の面接官は一般的にマニュアルを嫌う傾向があります。
マニュアルでよくある質問によくある質問はだいたい無難なものが多いですが、お手本のような回答ばかりされると、相手の人間性や仕事に対する考え方がよくわからないため、一般的な質問をはずして聞く場合が多いのです。

◆一般的な質問(志望動機・自己PR)以外の質問にも答えるようにしよう◆
マニュアル通りとはいえ、企業側からはぜひ聞いておきたい質問もあります。
たとえば、志望動機や入社してからの展望についてなどは、本人の会社に対する気持ちがどうであるのかを知る質問になるので、これらの質問にはしっかり答えられるようにしておきましょう。

面接では多少の失敗はするものだ!と割りきる

就職の面接は、誰でも多少の緊張をする場です。
しかし緊張が度を越えてしまうと精神的に弱いと思われてしまい、失敗することが多いので、なるべく事前にしっかりと準備をしておきましょう。
そうすれば自分に少しでも自信をつき、緊張を和らげるきっかけになります。

◆面接前には事前にしっかり準備しておくことが重要!!◆
就職の面接は、誰でも緊張を完全に消すことはできません。
ですが、事前にしっかり企業の情報を頭に入れ、質疑応答などを練習してきたのなら、できるだけの事は準備できたという自信が緊張を多少和らげてくれることがあります。
逆に準備できていない場合は自分に自信がないため、かえって緊張してしまい、失敗してしまう結果になることが多くあります。
面接に行く際は、ぜひ、しっかりとした事前準備をしてから向かうように心掛けましょう。

面接中によくある失敗とは緊張のしすぎ・マニュアル通りの受け答え!事前準備をしっかりして対処を

面接中によくある失敗とは緊張のしすぎ・マニュアル通りの受け答えがあります。

そのため、事前準備をしっかりとしてから面接に向かうのが最も失敗しないコツだといえます。

今後の就職活動を有利に進めるためにも、事前準備は怠らずに対処してゆきましょう。