面接官に好印象を与える質問の答え方3選 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接官に好印象を与える質問の答え方3選

面接中に好印象を与える質問の答え方をお教えします。面接中に好印象を与える質問の答え方が分からずに、不安な人も多いのではないでしょうか。面接中に好印象を与える質問の答え方を知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

面接で好印象を与える答え方1,明るさが大事

entrepreneur-772714_1280

就職活動をすると必ず行うことになる面接ですが、この面接においては答え方ひとつで採用不採用の命運が分かれます。

それでは面接において採用される答え方とはいったいどのようなものなのか?

その第一歩としてハキハキとしっかり話すことがあげられます。

~ボソボソと話すと説得力に欠ける!!自身があるように見せる~

例えば自己PRをするとき、自分にはリーダーシップがあるというような内容をボソボソと喋っていては説得力に欠け、良い印象を与えることは出来ないでしょう。

逆にアルバイト経験等をハキハキとしっかり喋る就活生は、大した経験はないが自分に自信があり有能に見えるでしょう。

これは極端な例ですが、実際にハキハキと話すことができずに採用を逃している人は多くいます。
まずはハキハキと話すことを心がけましょう。

面接で好印象を与える答え方2,最初に強みを述べる

近年では企業を3年でやめてしまう若者問題があり、企業も就活生の継続力に敏感になっています。

面接において自己PRで継続力をアピールできる答え方をすれば採用担当にいい印象を与えることができるといえます。

しかし、面接において継続力をアピールする就活生は数多くいるので他と違いをつける答え方をしなくてはなりません。

~自分の強みを裏付ける具体例をアピール~

基本的にはまず自分の強みを述べます、折れない心があるや自己分析力があるといったようなものです。

その次にそれを発揮した場面を述べます。続いて自分が取り組んだことやその内容を具体的に述べましょう。

そして最後にその強みが企業にどう活かされるのかを述べるのです。

これが基本的な自己PRの答え方となります。

面接で好印象を与える答え方3,笑顔で受け答え

面接の答え方の基本ですが、自然な笑顔でこたえることは採用担当にいい印象を与えることができます。

しかし自然な笑顔とはどうやって作ればいいのでしょう。

それは面接のときにその企業で働くことを想像してみるのです。

~企業で働く事を想像し自然な笑顔で答えること~

そうするとわくわくした気持ちになれ、自然と笑顔になることでしょう。
自然な笑顔を作ることは面接において最大の武器となります。

面接中に好印象を与えるには質問に対し明るく笑顔な答え方をすること

面接中に好印象を与えるには、質問に対し明るく笑顔な答え方をするのが大事です。

また、話に説得力を持たせるために自信を持ってハキハキ答えること、最初に強みを述べた後に具体例を説明しましょう。

面接においては、質問のひとつひとつにちゃんとした答え方というものがあります。
それをしっかりと理解することで、採用へと近づくことができるでしょう。