面接中に落ちたと感じる瞬間まとめ | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接中に落ちたと感じる瞬間まとめ

面接中に落ちたと感じる瞬間をまとめました。
一生懸命行ったとしても、面接がなかなかうまく行かないことは多いのではないでしょうか。他の就活生も同じことを考えているようです。
面接中に落ちたと感じる瞬間のまとめを読んで、今後、選考で落ちないようにするためにも対策を練りましょう。

面接中に落ちたと感じる瞬間1,面接官に全否定された時

businessman-598033_640

面接の際、就活生は「御社でこんな仕事がしたい」、「この資格を御社で活かしたい」などと自己PRをします。

しかし、面接官から「そんな事業はやっていない」、「そういう資格は必要ない」などと全否定されるときがあります。このように、面接が自己PRの場であるにも関わらず、面接官が自己PRを全否定してきた瞬間に、就活生は落ちたと感じます。

~面接官の態度で否定されたときも落ちたと感じる~

一生懸命アピールしているのに、面接官が腕を組んで天井を見上げたり、ため息をついたりした瞬間に落ちたと感じる就活生も多いです。

また、面接官が首を傾げたり、疑うような目をしてきたときも、落とされるだろうと予感する就活生が多いです。

面接中に落ちたと感じる瞬間2,面接官が黙り込んだ瞬間

通常の面接では面接官が質問をして、それに就活生が答えるという流れが面接終了まで続きます。

しかし、面接官が質問をしてこないままに空白の時間が流れる場合もあります。質問をしないというのは興味が無いということですから、質問が途切れた瞬間に落ちたと感じる就活生が多いです。

~早めに面接が終わったときも落ちたと感じる~

事前に伝えられた面接時間が1時間だったのに、なぜか面接が30分で終了してしまった、というように面接時間が短縮されるときがあります。

その場合も、質問が無いからこそ短く切り上げているわけですから、面接官が興味を持たなかったということです。面接が終わり、時計を確認した瞬間に就活生は落ちたと感じます。

面接中に落ちたと感じる瞬間3,アドバイスをされた瞬間

gangster-539993_640

その会社に就職したいからこそ、就活生は面接を受けに来ています。にも関わらず、面接の際中に「できるだけ多くの会社を受けるのが大切だよ」などと面接官がアドバイスしてくることがあります。

また、「就職活動は大変だけど粘り強く続けないといけないよ」などと応援されることもあります。そういった、就職活動が今後も続くという前提の発言をされた瞬間に就活生は落ちたと感じます。

~他社についてしつこく聞かれた時も落ちたと感じる~

「この志望動機ならうちじゃなくてもいいんじゃない?」とか「○○社は受けていないの?」などと他社への応募状況をしつこく面接中に聞かれた瞬間に落ちたと感じる就活生も多いです。場合によっては、「君はうちには向いていないよ」と言われ、はっきり落ちたと分かるときもあります。

面接中に落ちたと感じる瞬間があっても前向きに行動するのが大事!!

面接中に就活生が落ちたと感じる瞬間として、よくあるのは、面接官が自己PRを全否定してきた、質問をしてこなくなった、就職活動のアドバイスをしてきた、といった瞬間です。

ただ、注意したいのは、そういった面接官の態度は、落とすというサインではなく、ただの圧迫面接の可能性もあるということです。

あえて落とすような態度をとって、熱意を確かめようとしているだけかもしれません。もし面接中に落ちたと感じる瞬間があっても、結果が出る前に決めつけてはいけません。面接が終わるまでは面接官の質問に前向きに回答し続けるのが大切です。