面接入試突破のための質問リスト3選 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接入試突破のための質問リスト3選

面接入試突破のための質問リスト3 選をお教えします。面接入試突破のための質問リスト3 選を知っていれば、面接突破の手助けになります。面接入試突破をするためには、ぜひ質問にしっかり答えられるようにしましょう。そしてスムーズに就活を進めましょうね。

面接入試は就活において最重要プロセス!!

90d59deb97dbe320932ba8118de01b0a_s
これからスタートする就活において、面接入試ケアをしっかりおこなうのは、本当に大事です。
企業によっては1次2次3次・最終面接と4段階の入試面接を組んでいるところもあり、内定を狙う就活生にとって、面接対策をしっかりおこなうのは、とても重要です。

~聞かれる質問をあらかじめ確認すること~

そんなときに「どんな質問をされるのか」「必ず聞かれる質問はどのようなものか」あらかじめチェックしておくことは大事です。
質問内容をクリアにしておくことで、いざ面接を受けた場合でも、必要以上にあがることもなく、冷静に落ちついたスタンスで取り組むことができます。

面接入試突破のための質問1,学生時代にがんばったことは何ですか

入試面接の質問として、どこの業種であれ、必ず聞かれる質問のひとつが、「学生時代にがんばったことは何ですか」だと思います。
大学時代を思い返して「ゼミの活動や研究・論文のテーマ、ボランティア活動、サークル活動、アルバイト活動」など集団内で何か大きなことをやり遂げたエピソードを織り交ぜて、回答をおこなうと良いでしょう。

~どんな点を苦労して乗り越えたのかを伝えること~

また成功例ばかりではなく「どのような点を苦労して乗り越えたのか」創意工夫をしっかり伝えることも、入試面接の質問を突破する、テクニックにつながります。
「チームリーダーとして、アシスタントとして」などチームの中でのポジションにも触れ、役割を明確に書くことも大切です。

面接入試突破のための質問2,なぜこの会社を選んだか

面接入試の質問で、多くの採用担当者が口にするのは、「なぜこの会社を選びましたか」という質問だと思います。
「知名度が高いから」「テレビのコマーシャルで見かけたから」「好きなタレントが宣伝しているから」などはご法度。
ネームバリューに踊らされることのない、しっかりとした企業研究が必要です。

~面接入試のことを考えてしっかりと答えることが重要~

「保険営業という仕事をとおして、日本の人たちの安心で安全な暮らしを守りたいから」「総合職につき、年齢にとらわれない、アグレッシブな御社の風土で自分のチカラを試したいから」「学生時代に習得した英語力をフルに活用し御社の貿易事務の仕事に就きたいから」など、
「なぜその企業を選び、どのような仕事をしたいのか」を面接入試のこたえとして、明確に書くことが大切です。

入試面接で聞かれる質問を押さえれば志望企業に入社できる!!

学生時代に頑張ったこと、なぜこの会社を選んだのか以外に、入試面接でよく聞かれる質問として「自己PR」「志望動機」「長所と短所」「苦手だと思ったことを乗り越えたエピソード」「10年後の想像図」などがあります。
入試面接の質問には、「相手企業の事業ビジョンをしっかりアタマに入れておくこと(企業分析)」「どのような人物か、説明できるようにしておくこと(自己分析)」が大切です。
自分を知り、相手を知ることによって、どんな質問がきてもこわくない、勝ち組就活を目指すことができるようになりますよ。