面接前の筆記試験における一般常識の勉強方法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

面接前の筆記試験における一般常識の勉強方法

面接前の筆記試験における一般常識の勉強方法についてご紹介します。
就職試験の選考には、だいたい面接前には書類選考や筆記試験が設けられているケースが多いです。
つまり、面接へ駒を進めるためには筆記試験をクリアしなければなりません。
面接前の筆記試験における一般常識の勉強方法を参考に対策を立てましょう。

面接前の筆記試験における勉強方法1,国語数学はSPIの対策で十分

human-723999_640

面接前の一般常識の筆記試験は、国語数学理科社会英語に時事問題・文化の問題など非常に多くの問題がでるので、効率よく勉強していかないとなりません。
そのためにまず、国語数学ですが、これらはSPIの勉強をもって対策としていきましょう。

●一般常識とSPIと同じレベル!非常に似通った問題が出題される

就活では間違いなく一度は面接前にSPIを受けることがあるでしょうから、それを今勉強するのは間違いではありません。
面接前の一般常識の筆記試験の国語や数学の問題の難易度はSPIとだいたい同レベルかそれ以下であるということが多いですから、基本的には国語数学はSPIの勉強をしておけば、問題ないのです。効率的に勉強するために、そうするのがオススメです。

面接前の筆記試験における勉強方法2,社会・英語・理科はアプリで勉強

社会の問題や、理科の問題、英語の問題に関してはアプリで勉強をすると良いです。アプリと侮るなかれで、幅広く知識をつけていけるでしょう。
また、アプリということもあり、電車などの移動時間を通じて勉強できるのも効率的で良いです。
このあたりは記憶的な要素が多い問題ですし、常にアプリで触れて記憶力を高めておけば、面接前の一般常識の筆記試験のこうした問題に対抗していけるようになるでしょう。

●移動時間を利用すると効率的!アプリや対策サイトを使って勉強をすること

もしアプリ以外でも勉強しないと不安だという方は、面接前の一般常識の筆記試験の対策サイトなどを利用して勉強すると良いでしょう。
理科社会英語は、対策サイトとアプリをやれば、十分に突破できるレベルです。

面接前の筆記試験における勉強方法3,新聞を読む

そうして基本5教科を抑えることができたら、後の面接前の一般常識の筆記試験対策は、新聞を読み込むということです。
新聞をよみこめば一般常識の筆記試験に出てくるような英語の略字や時事問題、国語の読解力、理科や社会の問題など、幅広く知識をつけていくことができます。

●毎朝新聞をチェックをする癖をつけること!

そうしたニュースなどの知識は面接でも役立つようになりますし、就活全般において良い影響を与えるでしょう。
ただ新聞を読むだけなのでそこまで時間はかかりませんし、それだけですべての就職活動に向けて良い影響を及ぼしてくれるのですから、これほどのことはそうそうありません。毎朝読み込む時間をつくってみてください。

面接前の筆記試験における一般常識はスキマ時間を利用して効率的に勉強すること!

以上、面接前の一般常識の筆記試験の勉強方法のご紹介でした。
面接前の一般常識の筆記試験は、これらの方法で効率的に勉強していけば、きっと突破できます。
むしろここに時間をかけすぎて無駄な知識ばかり増やしていってしまう方が、ここでひっかかる可能性が高くなるとすらいえます。
就活では時間をどう使うかということが非常に重要ですから、余計なことに時間を割かずに、効率的に勉強して、残った時間を他の事に使えるようにしていきましょう。
そうした時間管理の能力はこれからも求められるものですから、この機会に是非その身をもって習得してみてください。