面接前日に確認するべき3つのポイント | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接前日に確認するべき3つのポイント

面接前日に確認するべき3つのポイントをお教えします。
面接前日に確認するべき3つのポイントが分からずに、不安な人も多いのではないでしょうか。
面接前日に確認するべき3ポイントを知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。
ぜひ、面接前日に確認しておきましょう。

面接前日に確認するポイント1,服装

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

面接を明日に控え、緊張するのは誰もがこれから経験することでしょう。

しかし緊張しているからといって面接前日の確認を怠ってはいけません。

面接時の対応や服装など、しっかりと最終確認を行いましょう!!

まずは面接時の服装です。

これからの時期クールビズでお越しくださいといった指定がある場合もあるので、しっかりと企業の指定に合った服装を準備していますか?

~企業から指定があれば服装は従うこと~

クールビズと指定されたからといってリクルートスーツで行ってはいけないわけではありませんが、企業の指定があるならその通りに行くのが無難でしょう。

クールビズの基本はノージャケットノータイに長袖もしくは半袖シャツ。スラッグスは黒か紺のものを着用し靴は通常の革靴を履きましょう。

服装は当日になってあわてて用意するのではなく前日にしっかりと用意しましょう。

面接前日に確認するポイント2,自己アピールを確認

面接時の自己アピールはしっかりと用意していますか?
自己アピールは面接時に必ず求められるものです。

そしてこの自己アピールでは面接官はあなたがどんな能力を持っているか見極めるためのものなのでしっかりと前日に確認をしておきましょう。

面接官に好印象を与える自己アピールとは、まずは端的に自分の強みを述べることです。

~面接で強みを話したら裏付けとなるエピソードを話すこと~

そして今度はその強みを裏づけるエピソードを持ってきてください。その中で自分がどういったことに取り組んだのか具体的に述べると尚いいでしょう。

そして最後にその強みは企業においてどういった場面で活かされるのかを面接官にアピールしましょう。
こうした自己アピールをすることが面接官に好印象を与えます。
自己アピールもしっかりと前日から準備しておきましょう。

面接前日に確認するポイント3,模擬面接で評価を聞く

面接の練習を反復して行いましょう。

前項で面接前日には身近な人に自分の評価を聞いて自信を持ちましょうと伝えましたが、それ以外の方法に面接の練習を何度も何度も反復して行い自信を持つ方法があります。

~自分の受け答えにとらわれないのが大事!!客観的評価をして貰おう~

しかしここで注意しなくてはいけないのは、自分があらかじめ決めている受け答えにとらわれないこと。

面接時に何を聞かれるかはそのときになってみないとわかりません。

そんなときに戸惑ったりしないように、臨機応変に答えられる心の準備をしましょう。

面接前日に確認するべきポイントとは服装と自己アピールの仕方!!

面接前日に確認するべきポイントとは服装と自己アピールの仕方です。

模擬面接を行い、身近な人に客観的な評価をしてもらいましょう。

今回ご紹介したポイントをしっかりおさえて、次の日の面接にむけて準備を行ってください。
何事にも念入りな下準備が重要であり、面接にいたっても例外ではありません。準備はしすぎる事に越したことはないのですから。