面接官からされる質問への3つの対処法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接官からされる質問への3つの対処法

面接官からされる質問への3つの対処法をお教えします。

面接慣れしていない人は、面接官からの質問にも上手に対処出来ないでしょう。

この場合の対処法をお教えします。

就活生の方は、是非、参考にしてみて下さいね。質問への対処法を知って、面接を突破しましょう。

面接官からの質問への対処法1,事前のシュミレーションが大事

sky-49520_1280
面接官は、さまざまな質問をしてきます。

面接形式が1対1でも集団でも、質問に対して自分の意見をきちんと伝えられるように事前にシミュレーション練習をしておくと良いでしょう。

◆面接室に入って来る時から面接は始まっていると意識!採用担当者はよく見ている◆

面接では応募者の話の内容だけではなく、面接室に入ってくる時から面接官はチェックしています。

多くの人が面接の練習を行ってから本番に臨んでいるので、その流れが身についていれば、多少緊張してもそれほど大きなミスには繋がらないでしょう。

もっと広く言えば、面接時に会社に入ってから会社を出るまでが面接だとも言えるでしょう。

面接官以外の会社の人に出会ったら、軽く会釈をするなどを心がけると良いでしょう。
ちょっとした心遣いが、後になって大きな差になって出てきます。

面接官からの質問への対処法2,面接の練習を多く行う

面接官の質問は志望の動機など、いわゆる鉄板と言われるものは、必ず事前に練習をしておくようにしましょう。

集団面接の場合は一つの質問に対して、一人一人の発言の時間が短いので、簡潔に自分の意思を伝えることが重要です。

個人面接では面接官がずらりと並んでいるのを見ると、時には緊張して委縮してしまうかもしれません。

なるべく本来の自分を発揮できるように、面接の本番前に手のひらに3回人の字を書いて飲み込むなどの、緊張しない方法を行うのも良い方法です。

◆面接を良い緊張感の中で出来るように何度も練習をするのが大事◆

人はその時の感情によって発現する言葉が変わってきます。

お互い初めて会って会話をするわけですから、緊張して当り前のことです。

良い緊張感の中で面接ができるように、事前に何度も練習しておくことが必要です。

面接官からの質問への対処法3,予想外の質問にも臨機応変に対応

面接官の質問の内容によっては答えにくいものや事前に回答を用意していなかったものもあるかもしれまん。

どんな質問が来ても臨機応変に答えられるように、事前に自分に関することに関心を持っておくことが重要です。

◆面接官の質問に対し無言NG・目を見て話す事◆

面接官の質問に対して無言でいるのは良くありません。

もし適当な答えが見つからなくても、その旨をきちんと伝えましょう。
面接官は答えやすいように質問をかみ砕いたり、内容を変えてくるかもしれません。

また、面接時には面接官のほうを向いて話すようにしましょう。
下を向いたままでは、良くない印象を与えてしまいます。

逆に考え事をして上を向いたままでも良くありません。

目を見ながら話すのが緊張する人は、さりげなく少し目線を下げて相手を見るのも良い方法です。

面接での質問に対しては総合的に判断されることを意識する事!しっかりと自己アピールを!

面接での質問に対しては、自分の熱意や意欲を伝えるように自己アピールをして、面接官に好印象をもたれるようにしたいものです。

面接官は応募者のキャリアや人間性、そしてこの会社への意欲や貢献度などを見ています。

また、仕事以外に取り組んでいるものも質問されることがあります。
いろいろなことに興味を持って、幅の広い人間性と考え方ができることも必要です。
立派な社会人になるためにも、何かに偏りすぎないで、バランスの取れた生活を送るようにしましょう。

仕事ができても人間関係が上手くいかない人は、会社という組織で働くのは難しいかもしれません。
良好な人間関係を保てるようになるためにも、会社という組織で働いて、自分を成長させていきたいものです。