面接官が見ているポイントとは?選考を突破する方法 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接官が見ているポイントとは?選考を突破する方法

面接官が見ているポイントとは?選考を突破する方法についてご紹介します。
面接官が就活生を見極める際に必ず見ているポイントがあります。
そのポイントを押さえておくことで、面接官からマイナスは評価を受ける確率が低くなるでしょう。

面接官が見ているポイント1,身だしなみ

face-63980_640
人は外見ではないですが、面接官がまず第一に就職活動生から得る情報はその外見です。
しかし面接官が見ているポイントは何も顔が整っているかではなく、就活生の身だしなみを見ているのです。
面接官は常にこの就活生をうちで採用したという目線で面接に望んでいます。

~身だしなみは第一印象を形作る!~

そんな就活生の身だしなみがだらしのないものだったら、取引先に悪い印象を与えてしまうだとうと考えるのが妥当です。
事実面接で身だしなみがだらしない人は就職してからも身だしなみに気を使わない傾向があります。
企業で働くということは企業の顔になるということなので、面接官がまず見るポイントは外見といえるのです。

面接官が見ているポイント2,視線

ある就活生が新卒採用の面接官を経験したことがあるOB訪問のとき、「面接のときに見られていることはなんですか?」と尋ねたところ。
間髪いれずに「視線」と応えたそうです。
目は口ほどにものを言うとはよく言いますが、確かに視線がきょろきょろしていたり面接官が話しているときに面接官から視線をはずしていては不真面目な印象を受けます。

~面接官の視線をしっかりと受け取ること~

これは面接において非常に重要なポイントであり、少しでも面接官から視線を逸らしたりするようならその瞬間に「こいつはダメだ」なんて思われえることも大いにあります。
よく、「視線を合わせるのが苦手な人が視線を合わせているように見せるポイントは相手の眉間を見ること」なんて話をききますが。
面接という近い距離でそれは通用しないのでしっかりと面接官の視線を受け止めましょう。

面接官が見ているポイント3,話し方

面接官が見ているポイントは面接中に何を話すかだけに限りません。
どう話すかというポイントもしっかりと見ています。
確かに極端な話、「私にはリーダーシップがあります」という自己PRをぼそぼそと喋っていては信憑性にかけマイナス印象を受けるでしょう。

~姿勢を正してハキハキとした声で話すこと!~

そのため話し方とは非常に重要であり、大したことのない話でも話し方ひとつで面接官の興味を引くことができるのです。
そのためにまず背筋を伸ばして姿勢を正しましょう。
姿勢を正すことにより人は自然と声を張りハキハキと話すことができるので、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

面接官が見ているポイントは身だしなみ・視線・話し方!

以上が面接官が見ているポイントになります。

面接官が見ているポイントとして最後は、履歴書やエントリーシートに書かれている文字です。
これは何も字が綺麗かということを見ているのではなく、丁寧に書こうとしているかを見ているのです。
履歴書やエントリーシートを書くときにもちろん面接官は目の前にいません。

しかし目の前にはいないがその応募書類を読むであろう面接官への配慮ができているかがポイントとなるのです。
ビジネスシーンでは見えない相手への配慮ができるいうことは1つの才能であり求められるものでもあります。
そんな配慮が出来ているかを履歴書やエントリーシートの文字を見て見極めているのです。

今回ご紹介した4つのポイントはどこの企業の面接官も見ているところなので、しかりと対策をして無内定(ないないてい)から有内定(あるないてい)へと変わりましょう!