面接官が重要視している質問ポイントとは | 新卒就活.com

2016/09/12更新

面接官が重要視している質問ポイントとは

面接官が重要視している質問ポイントについてご紹介します。
面接官は重要視しているポイント、知りたいですよね。
就活生と面接官の視点は180度違います。
面接官は重要視する質問ポイントを知っておけば、自分の話し方や振舞いで気を付けなければないないポイントが見えてくると思います。

面接官が重要視しているポイント1,コミュニケーション

copic-141192_640

面接官は面接ではコミュニケーション能力をみるということを重要視しています。
ですからそこに質問ポイントを置いてそういう質問を多数してくることが多いです。
例えば「自己紹介をお願いします」というのもコミュニケーション能力を見ることを目的とした質問ですね。
その他にも「好きなことはありますか」「最近気になるニュースはなんですか」「騒ぐことが好きか一人でいるのが好きか」というような質問がここに当てはまるでしょう。

~コミュニケーションを取ることを意識して話題を盛り上げる~

こういう質問ポイントで高得点を稼ぐためには、相手とコミュニケーションをとることを意識して質問に答えるようにすればよいのです。
あえて相手が質問できるようなフレーズを与えてあげて、話題を盛り上げていくのです。
完璧に回答するのではなく、面接官にツッコミを入れられるような回答を用意しておくと良いでしょう。

面接官が重要視しているポイント2,会社との親和性をチェック

会社との親和性というのも、面接官は重要視しています。
ですからここに質問ポイントを置いた質問も、面接ではかず聞かれるでしょう。
たとえば「仕事をする上で大切にしていること」や「この会社でどんなことがしたいか」「将来この会社をどうしていきたいか」「将来の目標はなにか」「どんな仕事が好きか」などがこの質問ポイントを探るための質問と言えるでしょう。

~会社に選ばれた人(社員)の考えを知ることが重要~

こういう質問に良い回答をするためには、OB訪問や会社のホームページの社員の声などを見たりして、その会社に選ばれた人達がどんな考えを持っているのかを知る必要があります。
その方たちと考え方を寄せていけば自然に会社とも親和性が高いと思われて、面接官から高評価をもらえることでしょう。下調べが大切です。”

面接官が重要視しているポイント3,志望度や会社への貢献度を探る

当たり前と言えば当たり前ですが、面接官は、志望度や会社への貢献度なども重要な質問ポイントとしています。
会社への志望度が低いなら誰でも採用したいとは思わないでしょうし、貢献度イコール能力が低いなら志望度が高くてもとりたいとは思いませんよね。

~志望動機の根拠を深堀りする必要がある!~

こういう質問には、自分がそこで活躍できる理由や、その会社でないとだめな理由を考え、その考えに対して「何で?」と突っ込めなくなるくらい自問自答を繰り返すというのが有効です。
すると志望度も貢献度も誰が聞いても強いものとなり、面接官が重要視しているこの質問ポイントもしっかりクリアできるようになるでしょう。「何でその能力がついたの?」「なんでそれが活かせると思ったの?」「何でこの会社でないとだめなの?」とひらすらになぜなぜと突っ込んでいってください。

面接官が重要視している質問ポイントをおさえた回答を作成しておく

面接官が重要視している質問ポイントとしては以上の通りになります。
面接官が重要視しているというこれらの質問ポイントでしっかり高評価になるような回答をのこしていかないと面接を突破するのは難しくなります。

逆に言えばこれらのポイントにさえしっかり回答することができれば、他の突拍子もないような質問や思いもよらない質問で多少焦ってしまったりしてもあまり悪い印象にはならないでしょう。
ですから、これらの質問ポイントに対してしっかり準備しておけば、それは安心につながり、面接での緊張緩和にもつながっていくことでしょう。
そういう意味でもしっかりこれらのポイントはおさえておいてください。