面接官に好印象を与える志望動機とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

面接官に好印象を与える志望動機とは

面接官に好印象を与える志望動機についてご紹介します。
志望動機は採用担当者が最も重視しているポイントです。
履歴書、エントリー、面接。どれでも必ず聞かれることでしょう。
志望動機が明確でないと、どんなに優秀な人でも選考を突破することは難しいでしょう。
ですから志望動機は時間をかけて作成しましょう。

面接官に好印象な志望動機1,入念な企業研究

sidewalk-657906_640

面接で必ず聞かれることになる「当社への志望動機は何ですか?」に対して効果的に企業への志望度をアピール出来ている人は意外と少ないようです。
では採用担当に好印象を与える志望動機とはどのようなものか?
まず大切なのが何をどう話すかよりも企業の情報です。

●OB・OG訪問へ積極的に参加する!HPや説明だけでは知ることができない情報を得ること!

ホームページやパンフレットで分かるような企業概要だけでなく、さらに企業研究で得られる情報があってもまだ足りません。
企業のもっと深い情報を知るためにはOB・OG訪問を積極的に行いましょう。
OB・OG訪問ではホームページでも企業説明会でも知られない情報を得ることができます。
その情報をもとに作られた志望動機は他の就活生と差別化を図ることができ、面接で採用担当の興味をひくことができます。”

面接官に好印象な志望動機2,PREP法を使う

面接で志望動機を話すときに心がけたいのは、「PREP法」という手法で話をするといことです。
「PREP法」とは【結論・理由・具体例・結論】の4つの構成で文を作ることを指します。

●結論から言う!説得力を持たせるためにはエピソードで肉付けする

面接で志望動機を話すときなんの脈略もなく「私は過去に〜」と話し出す人が多いですが。
これは正直聞いている側からすると話の最後になるまで何を伝えたいのかが分からないため、話が上手く頭に入ってきません。
「PREP法」を使って「私の志望理由は〜です」と始めに結論付けることによりこれからそれにまつわる話をするんだということが分かるため、聞いている側も話を理解しやすくなります。

面接官に好印象な志望動機3,根拠を深掘りするく

面接で志望動機を話すときに大切なのはなぜその企業で働きたいのか?なぜその企業無くてはならないのか?をしっかりと伝えることで。
採用担当は就活生の企業への志望度に敏感です。
志望動機を聞きながら内心では「本当にうちへ志望しているのか?」と考えているのです。

●志望度と貢献度は比例する!志望動機の根拠を深堀りさせること

企業への志望度と貢献度は比例するので敏感になるのも当然のことといえます。
そして採用担当が面接で着目しているのは就活生の志望動機の中に自社でなくてはならない理由があるか?ということです。
そのため入念な企業研究からその企業でなくてはできないことを探し、積極的にアピールすることにより面接官に好印象を与えることができます。

面接官に好印象を与える志望動機は過去ではなく今後の展望が盛りこまれた内容

最後に面接で志望動機を話すうえで大切なのは、過去に何をしたかではなくこれから何をしたいかを話すことです。
「これから〜がしたい→そしてこの企業ならそれができる→だから企業に志望した」という流れを作ることが大切です。

そのために自分のやりたいことが決まっている人は企業の特色をしっかりと理解して自分のやりたいことと繋げて話をしましょう。
そしてやりたいことがまだ見つかっていない人は、自己分析に時間をかけてやりたいことを見つけましょう。
面接で上手に志望動機をアピールするには今回ご紹介した全てのポイントをしっかりと
おさえることにより成り立ちます。