面接官に良い印象を与える逆質問内容 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接官に良い印象を与える逆質問内容

ここでは、面接官に良い印象を与える為のこちらからの質問内容をご紹介いたします。
面接では、こちらから面接官に質問をするような機会も出てきます。
そこであたりさわりのない質問内容で質問していたのでは、面接での評価もあたりさわりのないものとなってしまうでしょう。

面接官にする逆質問内容1,自分をアピールする

windows-14874_640

まず最初に紹介する、面接官に良い印象を与える為のこちらからの質問内容は、こちらの特徴をアピールするような内容の質問になります。
こちらからの質問だからといって、ただ相手に気になることを聞くだけというのでは芸がありません。
面接はどこを切り取ってもアピールの時間なのですから、こうしたこちらからの質問でもアピールするような質問内容は有効です。

~ただ質問するだけではもったいない!自分を強みをアピールしよう~

では具体的にはどのようにしてアピールしていけば良いでしょうか。別段難しいことはありません。
「私は今○○の勉強に力を入れているのですが、こうした能力を活かせる場面はありますでしょうか?」などといったような形でアピールしていけば良いのです。こういう質問内容なら、間違いなく面接官は良い印象を抱くでしょう。

面接官にする逆質問内容2,やる気をアピールする

やる気をアピールするような質問内容というのも、面接官に好印象を与えることが出来るこちらからの質問内容と言えます。
業務内容に関して、そこで聞かない限り知ることができないようなことを質問されれば、面接官は「この人はもう働く姿をしっかりイメージできているな」と思うものです。
すると自然と面接官の印象がよくなっているのです。

~ホームページなどから調べられない質問をすることが重要!~

ただ、調べればわかるような質問をうっかりしてしまっては、逆に印象が悪くなるので、その点だけは要注意です。
たとえば、「新人はこの部署ではどのようなスケジュールで研修をし、どのようなスケジュールで独り立ちしていきますでしょうか?」など、こういうような内容の質問であれば、調べてもわからないことが多いですよね。こういう内容の質問をいくつか考えてみてください。

面接官にする逆質問内容3,話が広がりそうな個人的な質問

面接官個人の事に関する質問内容というのも、面接官に好印象を抱かせる質問内容と言えるでしょう。
そういう質問内容だと、その質問の後に話が広がりやすく、コミュニケーション能力をアピールできます。
最近の社会では特にコミュニケーション能力は重要視されていますから、それをアピールできるというのは大きいですね。

~コミュニケーション能力をアピールすることができる!~

考え方などの個人的なことは調べてもまず分かりませんし、そういう意味でもこの質問は使い勝手が良いです。
面接官に対して、「私はこの仕事の魅力は○○だと思っているのですが、実際に働いている立場から見ると、この仕事の最大の魅力はなんだと思いますか?」などと尋ねてみてください。うまく話が発展して、会話が盛り上がっていくことは間違いないでしょう。

面接官にする逆質問内容と簡単に調べられないものに限る!

以上、面接官に良い印象を与える為のこちらからの質問内容のご紹介でした。
こうした3つの質問内容の中から、できるだけたくさんの質問を考えておいて、こちらからの質問の時間を効果的に使い面接官を落としていってください。