面接官の心得とは?就活生が把握すべきポイント | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接官の心得とは?就活生が把握すべきポイント

就活生側で把握しておくべき面接官の心得をお教えします。
就活生側で把握しておくべき面接官の心得を知っていれば就職活動をスムーズに進める事が出来ます。
どうしても志望企業に内定したい方は就活生側で把握しておくべき面接官の心得をチェックして、本番に臨みましょう。就活生は要チェックのページです。

就活生も企業を選ぶ為に面接をするべき!!

hand-65688_1280

就活生は面接の際にとても緊張するものですが、それは企業に「一方的に選ばれる立場」だと思うからです。
逆に会社側としては良い人材から選ばれる企業でありたいと考えています。
就活生に対しての面接官の心得としては、「入社したい」と思わせる雰囲気を作ることです。

~面接官は就活生に「この企業で働きたい!!」と思われるために身なりをきちんとしている~

就活の際には複数企業の面接を受けている人が殆どで、複数社から内定を受けた際に選ばれる企業にならなくてはいけません。

面接官は「この面接官のいる会社では働きたくない」と思われない様に、礼儀や身だし並みなどをきちんとうする様に心掛けているのです。

面接官の心得を知っておくことで緊張するばかりではなく、好奇心を持って面接を受けることができるでしょう。

面接官の心得1,就活生の緊張を解きほぐす

就活生が知っていると有利な面接官の心得としては、面接官は限られた時間内で就活生の適性や能力を見極める為に、コミュニケーションを取ろうと努力をしている、という点です。

~就活生は緩い質問をされたら自分がかなり緊張していると意識しよう~

もしも面接官が冗談をを言ったり、「お酒は飲めますか」などと緩い質問をしてきたとしたら、自分はかなり緊張していると思われているのです。

面接官の心得は和やかな雰囲気で就活生が十分に自分を表現出来る様にすることであり、いざという時には緊張を解こうと気配りをしてくれます。

面接官が色々と質問をするは自分のことを良く知りたいと思っているからだと考えれば、緊張感も少し和らぐことでしょう。

面接官の心得2,就活生の不安を払拭!

面接の最後に「何か質問はありませんか」と訊かれることがあります。
この際には自分が入社した時のことをイメージして是非質問をしてみましょう。

面接官の心得として、就活生が不安を感じない様に十分に説明しなければなりません。

~就活生は逆質問に対して曖昧な回答をされたら、入社後の扱いを疑う~

この時の回答が曖昧だったり一蹴する様な態度を取れば、その企業の新卒に対する扱いが伺い知れることになります。

面接官の心得として大切なのは、合否に関わらず一人一人の就活生に対して最後まで誠意を持った応対をすることです。

複数の企業を受けて迷っている場合には、最後の質問のチャンスを活かして面接官の態度を見極めることもできるのです。

面接官の心得を把握すれば安心して選考を受けられる!!

会社の採用面接には正しいやり方というのは存在しません。

その会社によって様々なやり方があり、面接官も毎年試行錯誤をしながら良い人材を厳選しているのです。
良い人材を採用して、末長く勤続して貰う為にも気持ち良く面接を受けて貰うのは、面接官の心得の基本です。

内定したものの辞退されて他の企業に就職してしまったり、入社してもすぐに辞められてしまうのでは面接をした甲斐ががありません。
就活生にとって面接官は余裕がありそうに見えますが、実は何とかして良い人材を確保したいと必死なのです。
企業にとっては就活生のマナーと同じ様に面接官の心得は大切なのです。